虐待の写真集が1冊ずつ手作りになった理由

長谷川美祈さんがダミーブックに込めるもの

長谷川美祈さんが「ダミーブック」に込める思いとは(撮影:梅谷秀司)

虐待を受けて子どもが亡くなったというニュースに触れると、思わず心を動かされる。だが、その実態はまだよく知られていない。

そんな中、写真家の長谷川美祈さんが昨年発表したダミーブック(手作りの本の形で写真を表現するもの)『Internal Notebook』では、虐待を受けた人たちに出会うことができる。

9つの有名な虐待事件の現場と、8人の虐待体験者

『Internal Notebook』は2つの章から成り立っている。

1章は日本で起きた、9つの有名な児童虐待事件の現場。何の変哲もない公営の住宅の窓。門越しに見る高級住宅。川べりのウサギのケージ。それぞれの写真の裏側に折りたたまれたページを広げると、事件が起きた日付と報道された当事者の言葉、事件の概要が小さく書かれている。ある事件の受刑者は「ナゼワタシハイキテイルノデショウカ? 死ヌシカ方法ガナカッタノニ何デ殺シタノカワカラナイ」とつぶやく。

2章には8人の虐待体験者が登場する。1人目は3歳から親に虐待を受けた女性。克明に書かれた赤ちゃん時代の成長記録が再現され、透明の袋に入れられている。

実母が書き込んだ几帳面な文字と説明文に圧倒される。子ども時代のアルバムも再現されて収められている。家の近くで遊ぶ姿。お誕生会の様子。はたから見たらまるで「いい母親」だ。虐待をする親のイメージとずいぶん違う。

この母親だけでなく、この本では、写真の親の顔はどれも白抜きにされている。この本に登場する虐待を受けた人の、親に対する思いだそうだ。

次ページ幼少期、父に殴られる時に使われていた警棒も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。