「ゴルフは認知症予防に役立つ」という新事実

シニア層に受け入れられるスポーツになるか

今年3月に国立長寿医療研究センター、杏林大学、東京大学、ウィズ・エイジングゴルフ協議会(ゴルフ関連団体の関東ゴルフ連盟・日本芝草研究開発機構・日本ゴルフ場支配人会連合会・日本プロゴルフ協会・日本女子プロゴルフ協会)が共同で発表した「高齢者の認知機能低下予防におけるゴルフの効果検証」である。

また、世界5大医学誌の一つに数えられるイギリスのブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(イギリス医師会雑誌:British Medical Journal)に、この6月正式に「Effects of golf training on cognition in older adults(ゴルフの認知症予防に関する論文)」が掲載された。

これは社会実験として、関東地区在住で2016年の時点で65歳以上の高齢者でゴルフをほぼしていない(年1回以下)、またはゴルフをしたことがない人を対象に協力者を106名募集し、ランダムにゴルフを体験するグループ53名(介入群)とコントロールとして健康講座グループ53名(対照群)に分け、2016~2017年にかけて6カ月間、実験を実施した。

6カ月間の実験内容とは

ゴルフグループは埼玉県の日高カントリークラブで、6カ月間・週1回24のセッションを実施した。ゴルフの1日のスケジュールは①運動前の体調チェック、②ゴルフの基礎知識の学習、当日実施事項の説明、③ストレッチ(ウォーミングアップ)、④ゴルフの実戦、⑤ストレッチ(クーリングダウン)であった。

スナッグゴルフを楽しむ男性(写真:ウィズ・エイジングゴルフ協議会)

ゴルフ教室については、練習セッションとして週1回90分を14週実施。第1週~5週は練習場でスナッグゴルフ。(スナッグゴルフはプラスチックのクラブとテニスボールとほぼ同じボールを使い、安全に「やさしく」「正確に」「どこでも」「だれでも」ゴルフの基本を学べるシステム。)

第6週はスナッグゴルフでゴルフコースを体験。第7週~14週は通常のゴルフクラブを使い練習場での教室。基本的な練習が終わると、コースセッションとなり週1回120分で10週実施した。

次ページ実験の成果は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT