「ゴルフは認知症予防に役立つ」という新事実

シニア層に受け入れられるスポーツになるか

今年3月に国立長寿医療研究センター、杏林大学、東京大学、ウィズ・エイジングゴルフ協議会(ゴルフ関連団体の関東ゴルフ連盟・日本芝草研究開発機構・日本ゴルフ場支配人会連合会・日本プロゴルフ協会・日本女子プロゴルフ協会)が共同で発表した「高齢者の認知機能低下予防におけるゴルフの効果検証」である。

また、世界5大医学誌の一つに数えられるイギリスのブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(イギリス医師会雑誌:British Medical Journal)に、この6月正式に「Effects of golf training on cognition in older adults(ゴルフの認知症予防に関する論文)」が掲載された。

これは社会実験として、関東地区在住で2016年の時点で65歳以上の高齢者でゴルフをほぼしていない(年1回以下)、またはゴルフをしたことがない人を対象に協力者を106名募集し、ランダムにゴルフを体験するグループ53名(介入群)とコントロールとして健康講座グループ53名(対照群)に分け、2016~2017年にかけて6カ月間、実験を実施した。

6カ月間の実験内容とは

ゴルフグループは埼玉県の日高カントリークラブで、6カ月間・週1回24のセッションを実施した。ゴルフの1日のスケジュールは①運動前の体調チェック、②ゴルフの基礎知識の学習、当日実施事項の説明、③ストレッチ(ウォーミングアップ)、④ゴルフの実戦、⑤ストレッチ(クーリングダウン)であった。

スナッグゴルフを楽しむ男性(写真:ウィズ・エイジングゴルフ協議会)

ゴルフ教室については、練習セッションとして週1回90分を14週実施。第1週~5週は練習場でスナッグゴルフ。(スナッグゴルフはプラスチックのクラブとテニスボールとほぼ同じボールを使い、安全に「やさしく」「正確に」「どこでも」「だれでも」ゴルフの基本を学べるシステム。)

第6週はスナッグゴルフでゴルフコースを体験。第7週~14週は通常のゴルフクラブを使い練習場での教室。基本的な練習が終わると、コースセッションとなり週1回120分で10週実施した。

次ページ実験の成果は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。