マスターズ参戦、タイガー・ウッズ効果の凄み

3年ぶりに復帰、チケットも大幅高騰し主役に

マスターズでプレーするタイガー・ウッズを取り囲む大勢のパトロン(観客)たち(筆者撮影)

2018年4月8日(現地時間)、第82回マスターズ・トーナメント(オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ、米ジョージア州)は27歳、米国パトリック・リードのマスターズ初制覇で幕を閉じた。リッキー・ファウラーの猛烈な追い上げを逃げ切り、最終18番ホールで1mのパーパットを決めて1打差で逃げ切った。リードの精神力の強さが、光った試合であった。

リードは地元のオーガスタ大学出身。マスターズのパトロン(観客)の大声援を受けての優勝かと思ったが、意外にも人気がなかった。最終18番を取り囲むパトロンの雰囲気は、リードがパターを外して、ファウラーとのプレーオフにもつれ込むことを望む雰囲気に包まれたが、それを跳ねのけた精神力の勝利であったといえる。

本当の主役はリードではなかった

2018年のマスターズの主役は、実は優勝したリードではなかった。2015年以来3年ぶりにマスターズに登場したタイガー・ウッズである。タイガーは1996年のプロ入りから、マスターズ4勝を含むメジャー14勝、PGA(米プロゴルフ)ツアー勝利数79で歴代2位の実績でPGAツアーの拡大の最大の功労者であると言っても過言ではない。

タイガー・ウッズのサイン風景(筆者撮影)

タイガーの登場以来、PGAツアーは、2017-2018シーズンは49試合、賞金総額3億6300万ドル(約400億円)にまで発展している。タイガーはマスターズの舞台でも輝きを放ってきた。

マスターズでは数々の名プレーヤーが参加してきたにもかかわらずタイガーはいまだに、20の記録と6のタイ記録を持っている。

たとえば、21歳3カ月14日の史上最年少優勝記録(1997年)。このときは4日間トータル270・18アンダーの最小ストローク記録も樹立した。また、マスターズのキャリア平均ストローク70.86も記録である。このマスターズの申し子というべき、タイガーが3年ぶりにオーガスタに戻ってきたわけである。注目が集まるのは当然である。

次ページタイガーの復帰戦は昨年の12月
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。