銀座に今も残る、1930年代築ビヤホールの美

360度カメラで「銀座ライオンビル」を探訪

創建当時の雰囲気を残すビヤホール内部(編集部撮影)

1978年までこのライオンビルにあったサッポロビール本社が隣に新築移転したのを機に建物を改装。その際も、このビヤホールは「生ビールの殿堂」としての風格を損なうことがないようにと、厨房設備のリニューアル以外は改築が行われなかったそうだ。

銀座ライオンビルの設計者は菅原栄蔵。1892年生まれで、1922年に建築家として独立した菅原は、関東大震災の復興期に銀座にはライオンビルのほか、新橋演舞場、新橋花柳界の見番(芸妓の稽古場や事務取次事務所)の作品を残している。そのなかで現存しているのはライオンビルのみだ。

ビヤホールライオンのインテリアには、絵が好きだったという菅原栄蔵の才能と趣味が反映されている。

室内装飾のテーマは「豊穣と収穫」。壁タイルの色は「大地」をイメージした赤褐色。太い柱の上部には、ビールの原料である麦の穂を表現したタイルがあしらわれているが、これら柱、壁用のタイルは、陶芸家として著名な小森忍が作成したものだ。

また、天井から下がる照明のデザインは、ブドウの房をモチーフにしたものとビールの泡を表す水玉模様が描かれたもの。それぞれが幻想的な光を放っている。

ビヤホールの目玉・モザイク画は圧巻

そしてこのビヤホールの象徴ともなっているのが、入口を入って正面奥に見える大きなガラスモザイク画。描かれているのは、古代ギリシャ時代のコスチューム姿の女性たちが大麦を収穫する様子で、大麦以外にもブドウがたわわに実り、アカンサス(地中海大アザミ)の花が咲いている。

モザイク画の原画は設計者・菅原栄蔵自身によるもの。画面近くまで近寄って眺めると、女性たちの体型や表情は西洋風ではなく、どことなく日本女性風。タイル画の製作はガラス工芸家・大塚喜蔵によるもので、全体の色調を整えるのに苦心し、完成までに約3年の歳月をかけたという労作だ。

次ページ座る席によって異なる雰囲気が楽しめる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT