アルゼンチンが最後に勝って辛くも16強進出

決勝トーナメント1戦目はフランスと対戦

 6月26日、サッカーのW杯ロシア大会は各地で1次リーグの試合を行い、D組のアルゼンチンはナイジェリアに2─1で勝利した。写真は決勝ゴールを喜ぶアルゼンチンのマルコス・ロホ(手前)とリオネル・メッシ(奥)の2人(2018年 ロイター/Henry Romero)

[サンクトペテルブルク 26日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は26日、各地で1次リーグの試合を行い、D組のアルゼンチンはナイジェリアに2─1で勝利し決勝トーナメントへ進んだ。

アルゼンチンは前半14分にリオネル・メッシが先制ゴールを決めたが、後半6分にPKを決められて追いつかれた。引き分けなら敗退のアルゼンチンは、試合終了が迫った同41分にマルコス・ロホが決勝ゴールをマークして勝利し、勝ち点を4に伸ばした。

アルゼンチンは、D組のもう1試合でアイスランドが勝利した場合に敗退する可能性もあったが、クロアチアが2─1でアイスランドを破ったために2位で決勝トーナメント進出を果たした。

メッシは試合後に「重要なのは通過を果たしたこと」とコメントした。決勝トーナメント1回戦では、3連勝で1位通過のクロアチアがデンマーク、アルゼンチンはフランスと対戦する。

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。