アルゼンチンが最後に勝って辛くも16強進出

決勝トーナメント1戦目はフランスと対戦

 6月26日、サッカーのW杯ロシア大会は各地で1次リーグの試合を行い、D組のアルゼンチンはナイジェリアに2─1で勝利した。写真は決勝ゴールを喜ぶアルゼンチンのマルコス・ロホ(手前)とリオネル・メッシ(奥)の2人(2018年 ロイター/Henry Romero)

[サンクトペテルブルク 26日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は26日、各地で1次リーグの試合を行い、D組のアルゼンチンはナイジェリアに2─1で勝利し決勝トーナメントへ進んだ。

アルゼンチンは前半14分にリオネル・メッシが先制ゴールを決めたが、後半6分にPKを決められて追いつかれた。引き分けなら敗退のアルゼンチンは、試合終了が迫った同41分にマルコス・ロホが決勝ゴールをマークして勝利し、勝ち点を4に伸ばした。

アルゼンチンは、D組のもう1試合でアイスランドが勝利した場合に敗退する可能性もあったが、クロアチアが2─1でアイスランドを破ったために2位で決勝トーナメント進出を果たした。

メッシは試合後に「重要なのは通過を果たしたこと」とコメントした。決勝トーナメント1回戦では、3連勝で1位通過のクロアチアがデンマーク、アルゼンチンはフランスと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT