トルシエ氏、西野監督は「アドバンテージだ」

「「チームに勢いをもたらす可能性がある」

 6月16日、サッカーの元日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏は、バヒド・ハリルホジッチ前監督に代わり、西野朗氏(写真)が日本代表監督に就任したことは、W杯ロシア大会でチームに勢いをもたらす可能性があるとの見方を示した。タタルスタン共和国で13日撮影(2018年 ロイター/Alexey Nasyrov)

[モスクワ 16日 ロイター] - サッカーの元日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏は、バヒド・ハリルホジッチ前監督に代わり、西野朗氏が日本代表監督に就任したことは、ワールドカップ(W杯)ロシア大会でチームに勢いをもたらす可能性があるとの見方を示した。

W杯6大会連続出場の日本は19日、1次リーグH組の初戦でコロンビアと対戦する。日本はW杯開幕まで2カ月と迫った4月、成績不振を理由にハリルホジッチ前監督を電撃解任した。

ハリル氏はエンジンの音にしか集中していなかった

西野氏の監督就任について、トルシエ氏はロイターに対し、「アドバンテージになる」とコメント。「ハリルホジッチ氏は選手たちとのコミュニケーションに関しては、チームの構造、エンジンの音にしか集中していなかった」と述べた。

さらに「それは仕事の60%くらい。魂、コミュニケーションと一体感がなければ勝つことはできない。フェラーリのエンジンも必要だが、チームの全員に愛されることも大切」とし、西野氏にはこれらが可能だと話した。

西野氏は就任後まだ3試合しか指揮していないが、日本を1996年オリンピック出場に導くなど、日本サッカー界で豊富な経験を持っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。