トルシエ氏、西野監督は「アドバンテージだ」

「「チームに勢いをもたらす可能性がある」

 6月16日、サッカーの元日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏は、バヒド・ハリルホジッチ前監督に代わり、西野朗氏(写真)が日本代表監督に就任したことは、W杯ロシア大会でチームに勢いをもたらす可能性があるとの見方を示した。タタルスタン共和国で13日撮影(2018年 ロイター/Alexey Nasyrov)

[モスクワ 16日 ロイター] - サッカーの元日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏は、バヒド・ハリルホジッチ前監督に代わり、西野朗氏が日本代表監督に就任したことは、ワールドカップ(W杯)ロシア大会でチームに勢いをもたらす可能性があるとの見方を示した。

W杯6大会連続出場の日本は19日、1次リーグH組の初戦でコロンビアと対戦する。日本はW杯開幕まで2カ月と迫った4月、成績不振を理由にハリルホジッチ前監督を電撃解任した。

ハリル氏はエンジンの音にしか集中していなかった

西野氏の監督就任について、トルシエ氏はロイターに対し、「アドバンテージになる」とコメント。「ハリルホジッチ氏は選手たちとのコミュニケーションに関しては、チームの構造、エンジンの音にしか集中していなかった」と述べた。

さらに「それは仕事の60%くらい。魂、コミュニケーションと一体感がなければ勝つことはできない。フェラーリのエンジンも必要だが、チームの全員に愛されることも大切」とし、西野氏にはこれらが可能だと話した。

西野氏は就任後まだ3試合しか指揮していないが、日本を1996年オリンピック出場に導くなど、日本サッカー界で豊富な経験を持っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT