日本代表勝ち点1、セネガルと2-2で引き分け

後半に途中出場した本田が同点ゴール

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。写真は、同点弾を決めた本田(2018年 ロイター/Marcos Brindicci)

[24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日(日本時間25日)、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。

前半11分にセネガルのマネが先制するも、34分に日本の乾が同点弾。しかし、後半26分にワゲが得点しセネガルがリード。後半に途中出場した本田が33分、同点ゴールを放った。

日本は第1戦のコロンビア戦に勝利し、アジア勢としてW杯における南米勢からの初勝利を収めていた。

28日の最終戦ではポーランドと戦う。

同点弾を決めた乾(写真:ロイター)
乾のゴールを喜ぶ日本代表メンバーたち(写真:ロイター)
次ページ多くのサポーターが駆けつけた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。