日本代表勝ち点1、セネガルと2-2で引き分け

後半に途中出場した本田が同点ゴール

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。写真は、同点弾を決めた本田(2018年 ロイター/Marcos Brindicci)

[24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日(日本時間25日)、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。

前半11分にセネガルのマネが先制するも、34分に日本の乾が同点弾。しかし、後半26分にワゲが得点しセネガルがリード。後半に途中出場した本田が33分、同点ゴールを放った。

日本は第1戦のコロンビア戦に勝利し、アジア勢としてW杯における南米勢からの初勝利を収めていた。

28日の最終戦ではポーランドと戦う。

同点弾を決めた乾(写真:ロイター)
乾のゴールを喜ぶ日本代表メンバーたち(写真:ロイター)
次ページ多くのサポーターが駆けつけた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT