日本代表勝ち点1、セネガルと2-2で引き分け

後半に途中出場した本田が同点ゴール

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。写真は、同点弾を決めた本田(2018年 ロイター/Marcos Brindicci)

[24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日(日本時間25日)、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。

前半11分にセネガルのマネが先制するも、34分に日本の乾が同点弾。しかし、後半26分にワゲが得点しセネガルがリード。後半に途中出場した本田が33分、同点ゴールを放った。

日本は第1戦のコロンビア戦に勝利し、アジア勢としてW杯における南米勢からの初勝利を収めていた。

28日の最終戦ではポーランドと戦う。

同点弾を決めた乾(写真:ロイター)
乾のゴールを喜ぶ日本代表メンバーたち(写真:ロイター)
次ページ多くのサポーターが駆けつけた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゼンリンが開発で先行<br>自動運転用の3D地図

地図情報首位のゼンリンが、巨大需要を見込む自動運転用の高精度3D(3次元)地図作成に挑む。成功すれば、ライバルを突き放す。首位の座をより強固なものとするのか。