日本代表勝ち点1、セネガルと2-2で引き分け

後半に途中出場した本田が同点ゴール

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。写真は、同点弾を決めた本田(2018年 ロイター/Marcos Brindicci)

[24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日(日本時間25日)、エカテリンブルクで1次リーグH組第2戦の試合を行い、日本はセネガルと2─2で引き分けた。

前半11分にセネガルのマネが先制するも、34分に日本の乾が同点弾。しかし、後半26分にワゲが得点しセネガルがリード。後半に途中出場した本田が33分、同点ゴールを放った。

日本は第1戦のコロンビア戦に勝利し、アジア勢としてW杯における南米勢からの初勝利を収めていた。

28日の最終戦ではポーランドと戦う。

同点弾を決めた乾(写真:ロイター)
乾のゴールを喜ぶ日本代表メンバーたち(写真:ロイター)
次ページ多くのサポーターが駆けつけた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT