西野監督、W杯第2戦でセネガルのマネを警戒

中盤と守備の選手たちにマネ対策を伝授

 6月23日、サッカーのW杯ロシア大会、1次リーグH組の第2戦(24日)でセネガルと対戦する日本代表の西野朗監督(写真)は、FWサディオ・マネへの警戒を強めている(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[エカテリンブルク(ロシア) 23日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組の第2戦(24日)でセネガルと対戦する日本代表の西野朗監督は、FWサディオ・マネへの警戒を強めている。

マネはイングランド・プレミアリーグのリバプールに所属。サウサンプトンでチームメートだった吉田麻也との対戦に注目が集まるが、西野監督によると、中盤と守備の選手たちには十分な対策が伝えてあるという。

同監督は、マネを止めることは可能としながらも、同選手がチーム全体に与える影響を懸念しているとコメント。さらに決勝トーナメント進出に向けて、「多少のリスクはあっても勝負を懸ける2戦目でなければならない」と意欲を示した。

日本は初戦でコロンビアに2─1で勝利。セネガルもポーランドを同じスコアで下した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。