岡田武史氏「新スタジアム構想」の意外な狙い

子ども食堂の領域にも近いビジョンがあった

サッカーの岡田武史がこども食堂を訪問。そのワケは?(撮影:筆者アシスタント)

サッカー日本代表・元監督で、現在「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役会長である岡田武史さんは、今年2月の方針発表会でこうぶちあげた。

それから、これはまだ言ってないんですけど、またあとで社員に怒られると思いますけど(……)、今年はこども食堂をやりたいんです。

未来を担う子どもたちが、貧困でごはんもろくに食べられない子どもたちがいる。この豊かな社会でそんなことがあってはならないと思います。われわれトップチームがそろって食事を食べている。週に1回でも役に立てることがないだろうか。

そういう、目に、数字には表れないけど、皆さんに認め愛してもらえるような活動も、プロフェッショナルとしてやっていきたいと思っています。

「株式会社今治.夢スポーツ」方針発表会2018より(10:30ごろ)

筆者が、現在取り組んでいるクラウドファンディングの関係で岡田さんに連絡を取ったところ、返ってきたのが「おれもやろうとしていたんだよ!」だった。

なぜ、岡田さんがこども食堂?

そこで、一度お話ししましょう、ついては現場もお連れしましょうとなって、5月16日、東京・豊島区の「要町あさやけ子ども食堂」で岡田さんとお会いした。

折しも、前日5月15日にはJリーグが25周年を迎え、その前日14日には全クラブチームが参加しての社会貢献研究集会が行われた、というタイミングだった。

そこでも「集会では子ども食堂や、地域住民の交流拠点にクラブを生かす案などが出された」と報じられていた(サンケイスポーツ5月14日)。

日本サッカー界のキーマンは「サッカー×こども食堂」をどのように考えているのか。

子どもたちのにぎやかな声を聞きつつ、NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークの栗林知絵子理事長を交えた対話は、私たちがびっくりするほど同じものを見ていることを確認することになった。

次ページ岡田「もうちょっとこっそりひっそりした場所かと…」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。