アイドルは想像を絶する「サバイバー」だった

虐待、非行、女子少年院の日々を乗り越えて

「私は地上のアイドルを目指しているわけじゃない」と言い切る、戦慄かなのさん(撮影:梅谷秀司)
戦慄かなの、19歳。現役大学生のアイドルだ。
まだ、生まれてから19年しか経っていない彼女の人生だが、その歩みは想像を絶する。
虐待、非行、少年院を乗り越えて、アイドルになった彼女が目指すものとは?

16歳から1年8カ月を少年院で過ごした

4月某日に行われた、ある大学の入学式。新入生のなかにひとり、2年前まで、女子少年院で机に向かっていた女性がいた。

「戦慄かなの」さん。目がひときわ大きく、色が白い。西洋人形のようなその外見から、「女子少年院」という言葉はイメージできないが、16歳から1年8カ月をそこで過ごした。

新入生にとって、大学の入学式は出会いの場でもある。それぞれが新しい友だちを作ろうと言葉を交わす周囲の中で、戦慄さんは静かにその場を離れた。キャンパスライフという言葉で表現される、明るく、健全な雰囲気に、居心地の悪さを感じていたのだ。

「友だちを作るつもりはないし、作れませんから。大学生活を楽しみにしているわけでもないし」

そう話す戦慄さんだが、大学の合格通知を受けたときには、涙を流して喜んだ。やりたかったことに、一歩近づいたからだ。その目標は、戦慄さんの生い立ちに、深くかかわっている。

次ページ水だけを飲んで過ごした1週間
関連記事
トピックボードAD
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。