アイドルは想像を絶する「サバイバー」だった

虐待、非行、女子少年院の日々を乗り越えて

「私は地上のアイドルを目指しているわけじゃない」と言い切る、戦慄かなのさん(撮影:梅谷秀司)
戦慄かなの、19歳。現役大学生のアイドルだ。
まだ、生まれてから19年しか経っていない彼女の人生だが、その歩みは想像を絶する。
虐待、非行、少年院を乗り越えて、アイドルになった彼女が目指すものとは?

16歳から1年8カ月を少年院で過ごした

4月某日に行われた、ある大学の入学式。新入生のなかにひとり、2年前まで、女子少年院で机に向かっていた女性がいた。

「戦慄かなの」さん。目がひときわ大きく、色が白い。西洋人形のようなその外見から、「女子少年院」という言葉はイメージできないが、16歳から1年8カ月をそこで過ごした。

新入生にとって、大学の入学式は出会いの場でもある。それぞれが新しい友だちを作ろうと言葉を交わす周囲の中で、戦慄さんは静かにその場を離れた。キャンパスライフという言葉で表現される、明るく、健全な雰囲気に、居心地の悪さを感じていたのだ。

「友だちを作るつもりはないし、作れませんから。大学生活を楽しみにしているわけでもないし」

そう話す戦慄さんだが、大学の合格通知を受けたときには、涙を流して喜んだ。やりたかったことに、一歩近づいたからだ。その目標は、戦慄さんの生い立ちに、深くかかわっている。

次ページ水だけを飲んで過ごした1週間
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。