アイドルは想像を絶する「サバイバー」だった

虐待、非行、女子少年院の日々を乗り越えて

この活動は、ひとりでできるような活動ではないことを、戦慄さんは理解している。だから、大学で法律の専門知識を身に付けつつ、協力者を得ながらこの活動をNPO(非営利組織)化して、クラウドファンディングで寄付金を募るという計画を立てている。

戦慄さんは今度は自らが虐待におびえる子どもを救う側に回りたいと意気込む(撮影:梅谷秀司)

「いずれはこども食堂みたいな場所を設けるでもいいし、お母さんが帰ってこない子たちにお弁当を送るでもいいし、そういう活動をしていきたいと思っています」――。

唐突だが、「戦慄」という言葉を調べると、「恐ろしくて、身体が震えること」(デジタル大辞泉)とある。インタビューの最後に、「なぜ戦慄というアイドルらしくない言葉を名前に使ったのですか?」と尋ねたら、戦慄さんは楽しそうに笑った。

今度は子どもたちを救い出す

「あまり深く考えていなくて、ヤバいやつ、ぐらいの感覚で選びました。響きが面白いし、戦慄っていう苗字はほかにいないし。でも、よく考えたら、戦慄ってホラー映画とかお化け屋敷とかにしか、使われないですよね。ちょっとしくったかもしれない」

戦慄かなの、19歳。

子どものころ、虐待におびえ、それでも生き抜いてきたアイドルが今、虐待に「戦慄」している子どもたちを、どうにかして救い出そうとしている。自らの人生とその活動を印象付ける意味で、戦慄かなのという名前は、今後、これ以上ないほどのインパクトを持つだろう。  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。