岡田武史氏「新スタジアム構想」の意外な狙い

子ども食堂の領域にも近いビジョンがあった

栗林:このこども食堂は「ごはん食べる気もしない」「テレビ見る気もしない」っていう話を山田さんから聞いたのがきっかけなんです。私が会うたびに、山田さんの家でなんかやろうよなんかやろうよってけしかけているうちに、彼が「うちを使ってこども食堂をやりたい」って。

山田さんがやりたいことを私たちにつぶやいてくれたので、みんなが山田さんを応援しようと言って始まりました。今は山田さん自身が、月2回のこども食堂をとても楽しみにされています。本まで出ちゃったんですよ(山田和夫『妻が遺した一枚のレシピ』青志社、2015年)。

岡田:本まで出てるの!(笑)

右は「山田じいじ」こと、あさやけ子ども食堂主催者・山田和夫さん。ひょうひょうとした語り口で「岡田さんが楽しめるかどうかですよ」と(撮影:筆者アシスタント)

栗林:山田さんは、こども食堂を始めてから3回入院してるんですけど……。

岡田:えっ!?

地域で最期を迎えられるつながりが生まれている

栗林:ええケガで。バイクで事故ったり。そのたびに、こども食堂でつながったみんながお見舞いに行ったりしたんです。

それから、この近くにある「池袋こども食堂」は、91歳のおばあちゃんの家を借りて開催しているんですけど、このおばあちゃんのお見舞いや介護も、こども食堂にかかわっているみんなでやっているんです。

結局、子どものためにって言いながら、山田さんやおばあちゃんが、地域で最期を迎えられる、そういうつながりに発展しています。

岡田:山田さんたちの居場所にもなっているんですね。わかるなあ。だってさっき山田さん、「こども食堂の後でみんなで飲むのが楽しい」って言ってましたもん。「子どもたち早く帰んないかな~」って思ってるって(笑)。

栗林湯浅:(笑)

湯浅:この前、兵庫県で「子どもは嫌いだ」って言いながらこども食堂やってるっていう人に会いましたね(笑)。嫌いで続けられるわけはないんですが、それだけ大人のつながりも生まれるってことなんだと思います。

ふだん子どもと2人っきりですごしているお母さんたちは、子どもたちだけで遊んでくれて、お母さんたちだけで話せるこども食堂の空間が楽しい。それで「最後までなかなか帰ろうとしないのは大人たちだ」って話も、よく聞きますね(笑)。

次ページ岡田「スタジアムを『場』にしたい」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。