長谷部選手、「勝ち点3の獲得に集中する」

チームのパフォーマンスが最優先と強調

 6月25日、サッカーの日本代表主将、長谷部誠は28日に行われるW杯ロシア大会、1次リーグH組のポーランドとの最終戦でも引き分けを狙うのではなく、あくまでも勝利を目指すとの考えを明かした。ロシアのエカテリンブルクで24日撮影(2018年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[カザニ(ロシア) 25日 ロイター] - サッカーの日本代表主将、長谷部誠は28日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組のポーランドとの最終戦でも引き分けを狙うのではなく、あくまでも勝利を目指すとの考えを明かした。

24日にセネガルと2─2の引き分けに終わった日本は、セネガルと同じ勝ち点4。すでに敗退が決まったポーランド相手に引き分け以上の結果に終われば、通算3回目のW杯16強入りが決まる。

日本はポーランドに負けても、セネガル─コロンビア戦の結果次第で決勝トーナメントに進む可能性がある。

しかし長谷部は国内メディアに対し、「サッカー人生で同じようなシチュエーションを経験したが、結局は勝ち点を計算したり、相手がどうこうより、自分たちが勝ち点3を取ることにフォーカスするべき」とコメント。チームのパフォーマンスが最優先と強調した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT