長谷部選手、「勝ち点3の獲得に集中する」

チームのパフォーマンスが最優先と強調

 6月25日、サッカーの日本代表主将、長谷部誠は28日に行われるW杯ロシア大会、1次リーグH組のポーランドとの最終戦でも引き分けを狙うのではなく、あくまでも勝利を目指すとの考えを明かした。ロシアのエカテリンブルクで24日撮影(2018年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[カザニ(ロシア) 25日 ロイター] - サッカーの日本代表主将、長谷部誠は28日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組のポーランドとの最終戦でも引き分けを狙うのではなく、あくまでも勝利を目指すとの考えを明かした。

24日にセネガルと2─2の引き分けに終わった日本は、セネガルと同じ勝ち点4。すでに敗退が決まったポーランド相手に引き分け以上の結果に終われば、通算3回目のW杯16強入りが決まる。

日本はポーランドに負けても、セネガル─コロンビア戦の結果次第で決勝トーナメントに進む可能性がある。

しかし長谷部は国内メディアに対し、「サッカー人生で同じようなシチュエーションを経験したが、結局は勝ち点を計算したり、相手がどうこうより、自分たちが勝ち点3を取ることにフォーカスするべき」とコメント。チームのパフォーマンスが最優先と強調した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。