セネガル監督「日本代表の技術は平均以上だ」

勝利に向けて「心配になることは何もない」

 6月23日、サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるW杯ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[エカテリンブルク(ロシア) 23日 ロイター] - サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた。

シセ監督は23日、報道陣に対し、日本について「彼らはこれまで懸命に戦ってきたし、テクニックは平均以上」とコメント。

「パスの質が高く、守備でもプレッシャーをかけてくる。厳しい試合になる」としながらも、「日本代表チームについて、心配になることは何もない」と話した。

また、「この試合はセネガルのフィジカル対日本のテクニックといった見方をされているが、私はそのようには見ていない」とし、「平均以上のテクニックがあることを証明する」とも語った。

セネガルと日本はともに1次リーグ初戦で勝利。勝ち点3でH組トップに並んでいる。

関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。