セネガル監督「日本代表の技術は平均以上だ」

勝利に向けて「心配になることは何もない」

 6月23日、サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるW杯ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[エカテリンブルク(ロシア) 23日 ロイター] - サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた。

シセ監督は23日、報道陣に対し、日本について「彼らはこれまで懸命に戦ってきたし、テクニックは平均以上」とコメント。

「パスの質が高く、守備でもプレッシャーをかけてくる。厳しい試合になる」としながらも、「日本代表チームについて、心配になることは何もない」と話した。

また、「この試合はセネガルのフィジカル対日本のテクニックといった見方をされているが、私はそのようには見ていない」とし、「平均以上のテクニックがあることを証明する」とも語った。

セネガルと日本はともに1次リーグ初戦で勝利。勝ち点3でH組トップに並んでいる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。