セネガル監督「日本代表の技術は平均以上だ」

勝利に向けて「心配になることは何もない」

 6月23日、サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるW杯ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[エカテリンブルク(ロシア) 23日 ロイター] - サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた。

シセ監督は23日、報道陣に対し、日本について「彼らはこれまで懸命に戦ってきたし、テクニックは平均以上」とコメント。

「パスの質が高く、守備でもプレッシャーをかけてくる。厳しい試合になる」としながらも、「日本代表チームについて、心配になることは何もない」と話した。

また、「この試合はセネガルのフィジカル対日本のテクニックといった見方をされているが、私はそのようには見ていない」とし、「平均以上のテクニックがあることを証明する」とも語った。

セネガルと日本はともに1次リーグ初戦で勝利。勝ち点3でH組トップに並んでいる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT