セネガル監督「日本代表の技術は平均以上だ」

勝利に向けて「心配になることは何もない」

 6月23日、サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるW杯ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[エカテリンブルク(ロシア) 23日 ロイター] - サッカーのセネガル代表を率いるアリウ・シセ監督は、24日に行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組、第2戦の相手である日本を恐れていないと述べた。

シセ監督は23日、報道陣に対し、日本について「彼らはこれまで懸命に戦ってきたし、テクニックは平均以上」とコメント。

「パスの質が高く、守備でもプレッシャーをかけてくる。厳しい試合になる」としながらも、「日本代表チームについて、心配になることは何もない」と話した。

また、「この試合はセネガルのフィジカル対日本のテクニックといった見方をされているが、私はそのようには見ていない」とし、「平均以上のテクニックがあることを証明する」とも語った。

セネガルと日本はともに1次リーグ初戦で勝利。勝ち点3でH組トップに並んでいる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。