本田、セネガル戦は「セットプレーがカギだ」

「後悔を残さずにやり切りたい」

 6月22日、サッカー日本代表MF本田圭佑(左)はW杯ロシア大会1次リーグセネガル戦を前に、トリッキーなプレーで相手の弱点をどう突けるかがポイントだと述べた。ロシアのカザニで21日撮影(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザニ(ロシア) 22日 ロイター] - サッカー日本代表MF本田圭佑(32)は22日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグセネガル戦(24日)を前に取材に応じ、日本がトリッキーなプレーで相手の弱点をどう突けるかがポイントだと述べた。

セネガルと日本はともに初戦に勝利し、勝ち点3で並んでいる。

本田は日本メディアの質問に対し、セネガルの弱点をいかに突けるかがポイントになるとコメント。「セットプレーを含めて、トリッキーなプレーをすれば引っ掛かるんじゃないかと思っているし、イメージとしてはキーパーも狙いどころかなと。セットプレーがキーになるのは間違いないと思う」との見方を示した。

また、初戦のコロンビア戦の終盤にバックパスが相手に渡ったミスについて聞かれると、確かにミスはあったが失点にはつながらなかったとし、「どれだけ度胸がすわってミスを恐れずプレーできるか」が大事だと述べた。

自身3回目のW杯を戦う本田は、今回が最後のW杯と見据え、すべてのエネルギーを注いでいるとし、後悔を残さずにやり切りたいと意気込んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。