本田、セネガル戦は「セットプレーがカギだ」

「後悔を残さずにやり切りたい」

 6月22日、サッカー日本代表MF本田圭佑(左)はW杯ロシア大会1次リーグセネガル戦を前に、トリッキーなプレーで相手の弱点をどう突けるかがポイントだと述べた。ロシアのカザニで21日撮影(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザニ(ロシア) 22日 ロイター] - サッカー日本代表MF本田圭佑(32)は22日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグセネガル戦(24日)を前に取材に応じ、日本がトリッキーなプレーで相手の弱点をどう突けるかがポイントだと述べた。

セネガルと日本はともに初戦に勝利し、勝ち点3で並んでいる。

本田は日本メディアの質問に対し、セネガルの弱点をいかに突けるかがポイントになるとコメント。「セットプレーを含めて、トリッキーなプレーをすれば引っ掛かるんじゃないかと思っているし、イメージとしてはキーパーも狙いどころかなと。セットプレーがキーになるのは間違いないと思う」との見方を示した。

また、初戦のコロンビア戦の終盤にバックパスが相手に渡ったミスについて聞かれると、確かにミスはあったが失点にはつながらなかったとし、「どれだけ度胸がすわってミスを恐れずプレーできるか」が大事だと述べた。

自身3回目のW杯を戦う本田は、今回が最後のW杯と見据え、すべてのエネルギーを注いでいるとし、後悔を残さずにやり切りたいと意気込んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT