日本とセネガルファンの「ごみ拾い」に称賛

世界のメディアの見出しを飾った

 6月24日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組第2戦の日本対セネガルは2─2の引き分けとなったが、この試合で世界の見出しを飾ったのは、両チームのサポーターの「ごみ拾い」だった。試合会場のエカテリンブルク・アリーナで撮影(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[サマラ(ロシア) 24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組第2戦の日本対セネガルは2─2の引き分けとなったが、この試合で世界の見出しを飾ったのは、両チームのサポーターの「ごみ拾い」だった。

両チームはいずれも第1戦で勝利しており、サポーターらが試合後に客席を掃除している姿がソーシャルメディアに投稿されていた。

第2戦で激突した両国のサポーターは、今回も試合後に客席をきれいにし、会場となったエカテリンブルク・アリーナで清掃を担当したボランティアらは少々手持ち無沙汰となった。

日本代表のサポーター、モリタ・ワタルさんは「大きな青いごみ袋を振って、代表を応援したかった。だから、ごみ袋のほとんどは手作りだ」と言い、「この大会を通じて、日本の文化も世界に見てもらいたい」と話した。セネガル代表サポーターのゴラ・ンドゥイさんも「ごみを置き去りにするために、ここに来たわけじゃない。毎試合ごみを持ち帰り、セネガル人が素敵な国民だということを世界に示さなくては」と述べた。

サポーターの行動は、代表選手にも感銘を与えているようだ。国内メディアによると、日本代表DF吉田麻也(プレミアリーグのサウサンプトン所属)は「試合後の僕らのロッカールームは、プレミアリーグよりはきれいかな」と言い、「サポーターの皆さんの行いも世界中から見られている。ピッチ外でたたえられるのは、非常に誇らしい」と述べた。

(写真:ロイター)
次ページ細かいゴミも丁寧に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。