日本とセネガルファンの「ごみ拾い」に称賛

世界のメディアの見出しを飾った

 6月24日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組第2戦の日本対セネガルは2─2の引き分けとなったが、この試合で世界の見出しを飾ったのは、両チームのサポーターの「ごみ拾い」だった。試合会場のエカテリンブルク・アリーナで撮影(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[サマラ(ロシア) 24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組第2戦の日本対セネガルは2─2の引き分けとなったが、この試合で世界の見出しを飾ったのは、両チームのサポーターの「ごみ拾い」だった。

両チームはいずれも第1戦で勝利しており、サポーターらが試合後に客席を掃除している姿がソーシャルメディアに投稿されていた。

第2戦で激突した両国のサポーターは、今回も試合後に客席をきれいにし、会場となったエカテリンブルク・アリーナで清掃を担当したボランティアらは少々手持ち無沙汰となった。

日本代表のサポーター、モリタ・ワタルさんは「大きな青いごみ袋を振って、代表を応援したかった。だから、ごみ袋のほとんどは手作りだ」と言い、「この大会を通じて、日本の文化も世界に見てもらいたい」と話した。セネガル代表サポーターのゴラ・ンドゥイさんも「ごみを置き去りにするために、ここに来たわけじゃない。毎試合ごみを持ち帰り、セネガル人が素敵な国民だということを世界に示さなくては」と述べた。

サポーターの行動は、代表選手にも感銘を与えているようだ。国内メディアによると、日本代表DF吉田麻也(プレミアリーグのサウサンプトン所属)は「試合後の僕らのロッカールームは、プレミアリーグよりはきれいかな」と言い、「サポーターの皆さんの行いも世界中から見られている。ピッチ外でたたえられるのは、非常に誇らしい」と述べた。

(写真:ロイター)
次ページ細かいゴミも丁寧に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT