日本とセネガルファンの「ごみ拾い」に称賛

世界のメディアの見出しを飾った

 6月24日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組第2戦の日本対セネガルは2─2の引き分けとなったが、この試合で世界の見出しを飾ったのは、両チームのサポーターの「ごみ拾い」だった。試合会場のエカテリンブルク・アリーナで撮影(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[サマラ(ロシア) 24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、1次リーグH組第2戦の日本対セネガルは2─2の引き分けとなったが、この試合で世界の見出しを飾ったのは、両チームのサポーターの「ごみ拾い」だった。

両チームはいずれも第1戦で勝利しており、サポーターらが試合後に客席を掃除している姿がソーシャルメディアに投稿されていた。

第2戦で激突した両国のサポーターは、今回も試合後に客席をきれいにし、会場となったエカテリンブルク・アリーナで清掃を担当したボランティアらは少々手持ち無沙汰となった。

日本代表のサポーター、モリタ・ワタルさんは「大きな青いごみ袋を振って、代表を応援したかった。だから、ごみ袋のほとんどは手作りだ」と言い、「この大会を通じて、日本の文化も世界に見てもらいたい」と話した。セネガル代表サポーターのゴラ・ンドゥイさんも「ごみを置き去りにするために、ここに来たわけじゃない。毎試合ごみを持ち帰り、セネガル人が素敵な国民だということを世界に示さなくては」と述べた。

サポーターの行動は、代表選手にも感銘を与えているようだ。国内メディアによると、日本代表DF吉田麻也(プレミアリーグのサウサンプトン所属)は「試合後の僕らのロッカールームは、プレミアリーグよりはきれいかな」と言い、「サポーターの皆さんの行いも世界中から見られている。ピッチ外でたたえられるのは、非常に誇らしい」と述べた。

(写真:ロイター)
次ページ細かいゴミも丁寧に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT