コロンビアが快勝、ポーランドは敗退決定

決勝進出は3チームのうちの2チーム

 6月24日、サッカーのW杯ロシア大会1次リーグH組、コロンビアがポーランドに3─0で勝利した。写真は2点目を決めたラダメル・ファルカオ(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[カザニ(ロシア) 24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日、各地で1次リーグの試合を行い、日本と同じH組では、コロンビアがポーランドに3─0で勝利した。

コロンビアは前半40分、ジェリー・ミナのゴールで先制すると、1点リードで折り返した後半25分に主将ラダメル・ファルカオ、その5分後にフアン・クアドラードが決めて、快勝を収めた。

ホセ・ペケルマン監督は、「勝たなければならないというプレッシャーの中でプレーをし、ミスは許されない試合だった。試合が進むとともに、われわれのサッカーのクオリティーを出せるようになった」と振り返った。

一方のポーランドは、開幕2連敗で敗退が決まった。エースのロベルト・レバンドフスキは「率直に言って、僅差で負けたわけではない。私もみんなも力を尽くして戦ったが、ただ戦うだけではW杯の試合には勝てない。われわれには、勝利に必要なクオリティーが少な過ぎた」と述べた。

これでコロンビアは勝ち点3とし、トップの日本とセネガルに1差の3位に。28日にセネガルと戦う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT