ウルグアイ3連勝、負けたロシアも16強入り

開催国ロシアに3-0で快勝

 6月25日、サッカーのW杯ロシア大会、1次リーグA組のウルグアイは開催国ロシアに3─0で快勝。3戦全勝で首位通過を果たした。写真は得点を喜ぶウルグアイの選手たち(2018年 ロイター/Dylan Martinez)

[サマラ(ロシア) 25日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、各地で1次リーグの試合を行い、A組のウルグアイは開催国ロシアに3─0で快勝。3戦全勝で首位通過を果たした。

ウルグアイはルイス・スアレスの先制点と相手のオウンゴールで前半に2点をリード。試合終了間際にエディンソン・カバニがチームの3点目を決めた。

A組のもう1試合では、サウジアラビアがエジプトを2─1で下した。同組ではウルグアイが勝ち点9でトップ。ロシアは同6の2位で決勝トーナメントに進んだ。

ウルグアイはベスト16でポルトガル、ロシアはスペインと対戦することが決まった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。