就活生が嫌がる「AIによる採用」導入は進むか

検討企業11%、実施企業わずか2%にとどまる

AIを使った採用選考は、高い効率性が得られるが、学生の抵抗感は強い (写真:estherqueen999 / PIXTA)

「AI(人工知能)選考」が話題だ。そもそも昨年の新卒採用で、ソフトバンクがAIを導入してエントリーシート(ES)の書類選考を行ったことを契機に、大きく注目されるようになった。IBM Watsonを活用してES選考の処理時間を75%も削減したと言う。サッポロビールも2018年卒採用でAIを試験導入、ES選考に要する時間を40%削減する効果を確認できたことで、2019年卒採用から本格導入すると発表している。

「就職四季報」特設サイトはこちら

では選考される学生はどのような受け止め方をしているのか。また他の企業はどのように考えているのか。2018年3月にHR総研が楽天「みん就」(みんなの就職活動日誌)会員の就活生を対象に実施した「就職活動動向調査」と、採用担当者を対象に実施した「2019年新卒採用に関する調査」から、AIに関するデータを紹介する。

AI技術への不信感が学生にまだまだ根強い

学生はESの選考でAI活用を歓迎していないようだ。「ESの合否判定にAIを活用する動き」を聞いたところ、文系では496人中賛成が19%(95人)と2割を切っている。どちらとも言えないは42%(210人)、反対は39%(191人)となった。

理系は文系より容認派が少し多く、306人中賛成は25%(76名)となった。ただ、どちらとも言えないが42%(130人)、反対が33%(100人)となっている。

次ページ機械には”人の心”がない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。