カリスマ投資家が「メルカリの次」に狙う株

これから上昇する株を「逆張り」で狙う

カリスマ投資家が狙う「逆張り株」とは?(写真:ふじよ/PIXTA)

米中貿易戦争が激しさを増し6月後半の日本株は軟調な展開。日本株も日経平均が2万2500円を大きく割り込んだ。そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏はメルカリのIPOの抽選に申し込んだが、あいにく落選。めげずに上昇した優待株を売ってしっかり利益を確定。カリスマ投資家は今後の相場をどう見て何を狙っているのか。いつものように、「株日記」で振り返って見よう。

メルカリのIPOで大和証券に500株申し込む!

【6月4日 月曜日】先週末の日経225先物は、150円高の2万2370円。NYダウは219ドル高の2万4635ドル。1ドル=109.53円、1ユーロ=127.71円。すかいらーく(3197)が、18円高の1645円と堅調な展開、6月末優待、配当権利取りの動きか。ビックカメラ子会社で、8月本決算のコジマ(7513)は、12時51分、15円高の517円の年初来高値更新。マネックスグループ(8698)は、36円安の618円と大幅安。日経平均は、304円高の2万2475円と大幅高。

この連載の一覧はコチラ

【6月5日 火曜日】日経225先物は、50円高の2万2560円、NYダウは、178ドル高の2万4813ドル。カラオケ事業の譲渡の発表のあったシダックス(4837)は、12円高の397円と4日ぶり反発。日経平均は、63円高の2万2539円。

【6月6日 水曜日】日経225先物は、前日比変わらずの2万2520円、NYダウは、13ドル安の2万4799ドル。メルカリ(4385)のIPO(新規公開、上場日6月19日)に合わせて大和証券で仮条件の上限の1株3000円で500株、申し込む。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で200株、マネックス証券で100株申し込む。目論見書を見ると、2018年3月期決算については、親会社株主に帰属する当期純損失が34億3400万円と3期連続で赤字だ。日経平均は、86円高の2万2625円と3日続伸。関東から近畿圏が梅雨入りと報道。

【6月7日 木曜日】日経225先物は、110円高の2万2750円、NYダウは、346ドル高の2万5146ドルと3月12日以来、3カ月ぶりの高値。ナスダック市場は、連日最高値を更新。日経平均は、197円高の2万2823円と4日続伸。

次ページ優待で保有のすかいらーくもコジマも年初来高値
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。