IPO銘柄は上場後買っても本当に儲かるのか

あのアリババも過剰期待で最初は「大苦戦」

日本では6月19日にメルカリが上場するが、米国ではIPO銘柄を買うと儲かるのだろうか。あのアリババも上場当初は「大苦戦」した(撮影:尾形文繁)
フリーマーケットアプリのメルカリが19日に東証マザーズ市場に上場する。今年最大のIPO(新規株式公開)案件と言われ、人気を集めそうだ。一方でこうしたIPO銘柄は公開後に買って妙味があるのか。これは海の向こうの米国でも同じ。米国の著名投資コンサルタントで、システムトレードの先駆者であるペリー・カウフマン氏が「米国のIPO事情」を検証する。

2016年は人気銘柄のアリババもIPO後に上昇せず

株式の新規上場は、市場にとって非常に注目を呼ぶ出来事であり、上場に関するニュースは数日間市場を駆け巡ります。しかし、投資家はどのタイミングで新規上場銘柄に投資すればよいのでしょうか?

実は、2年ほど前、私は当時の新規上場において大型案件だったアリババ(日本の証券コードにあたる米国のティッカーコード:BABA)、ブラックストーン(BX)、ゼネラル・モーターズ(GM)、ビザ(V)とUPS(UPS)について、上場後の価格の推移を調べてみました。

(各種資料より筆者作成)

各々の銘柄の値動きを比較しやすいように、「上場日の価格を100」として、その3年半の値動きを示したのが上の図1です。この図からわかるように上場から1年後(営業日ベースでは252日)に、上場日の価格を上回っている銘柄はありませんでした。しかし上場後、3年半後については、アリババが2倍超に上昇したのがわかるでしょう。

次に2018年度について見てみましょう。図2では1月に新規上場した全ての銘柄について上場後3カ月間の値動きを示しています(上場日の価格を100としています)。

(各種資料より筆者作成)

これを見るとおわかりのように、上場後3カ月間において急落した銘柄も散見されます。また後半の期間で急騰した銘柄もありますが、この銘柄は過去において80%上昇しており、そのレベルまで戻ったにすぎません。

次ページ短期売買がいいのか、長期保有がいいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。