IPO銘柄は上場後買っても本当に儲かるのか

あのアリババも過剰期待で最初は「大苦戦」

さきほどの図にあった個別銘柄の銘柄名をあげても、「誰もが知っている銘柄」ではないので、一般に新規上場後の価格がどのように推移していくかをとらえるために、上場日後の経過日数を基に、対象銘柄の平均価格を算出した指数(平均価格指数)を下の図3に示します。この指数を俯瞰すると、最初の3週間で価格は上昇・その後に急落・リバウンドした後に上場時の価格に収束するパターンが見受けられます。

(各種資料より筆者作成)

さらに、単なる価格の推移をとらえるだけでなく、全体市場(米国の代表的な指数の一つであるS&P500)に対する相対的な値動きをみてみましょう。2018年1月は株式市場が急騰した月ですが、日次ベースではS&P500は1月26日に上昇のピークを迎えた後に下落しています。また新規上場はすべて月後半に実施されています。そこで平均価格指数を実際の営業日にあわせて再計算を行いS&P500と比較すると、S&P500が下落していく中で、新規上場銘柄は最初の3週間において相対的にS&P500をアウトパフォームしていることがわかります(図4)。

(各種資料より筆者作成)

従って、最初の3週間において指数を買う(ロング)とともにボラティリティ(変動率)調整後のベータでS&P500をショート(売り)すれば、この相対的な値動きから収益を獲得することが可能になります。

新規上場銘柄は、どのタイミングで投資すればいいか?

図3(2018年1月上場銘柄の平均価格指数の推移)が示すとおり、新規上場銘柄への投資は上場後の最初の3週間で10%~15%の利益が獲得できる機会があることがわかります。

システムトレードの先駆者であるペリー・カウフマン氏が 10月に講演します。詳しくは日本テクニカルアナリスト協会のHPをご覧下さい(写真:筆者提供)

さらにそれ以上保有し続ければトレードの仕方によっては15%の損失を被るなどの可能性があります。

しかしながら、こういった短期的な利益の獲得機会はトレーダーが目指すものであって、最初の図1が示すとおり、長期保有を前提にしている投資家にとっては関係のないことかもしれません。

新規上場時の価格は、発行時の企業評価よりも投資家の過剰な投資熱によって過大評価されがちです。企業は新規上場によって得た調達資金を約2年間にわたって事業に投下することから、長期保有を前提にしている投資家にとっては、それらを見極めて投資を決定することが肝要です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT