カリスマ投資家が「メルカリの次」に狙う株

これから上昇する株を「逆張り」で狙う

【6月8日 金曜日】日経225先物は、140円安の2万2670円、NYダウは、95ドル高の2万5241ドル。日経平均は、128円安の2万2694円。

優待目的で保有銘柄のすかいらーくは、14円高の1674円と高値引けで年初来高値更新。また、同じくコジマも11円高の544円と高値引けで年初来高値を更新。コジマは、4月6日引け後(株価は、374円)の業績上方修正発表から上げ続けている。すかいらーくは、2月15日の1424円の年初来安値を底に上昇トレンドを形成している。同社は6月の配当と優待権利取りの買いが継続して入っているようだ。

すかいらーくの優待利回りは1000株保有なら6%超に

配当は、6月末に16円、12月末に22円の計38円の予定。また、優待内容は、100株保有で、年2回、3000円のお食事券がもらえる。今日の終値、1674円で優待込みの年利回りを計算すると100株保有で5.85%、1000株保有で、優待券が3万3000円(6月末)、3万6000円(12月末)と100株保有より割合が多くなるので、6.39%と利回りがアップする。すかいらーくの優待券は、全国のガスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵などで使えて、とても人気がある。また、最近買った(平均買値208円で2万2000株)、フレンドリー(8209)が、10円高の212円とようやく下げ止まったようだ。

【6月9日 土曜日】日経225先物は、30円高の2万2650円、NYダウは、75ドル高の2万5316ドル。1ドル109.47円、1ユーロは、128.87円。

【6月11日 月曜日】先週に引き続き、すかいらーくが、14円高(6日続伸)の1688円をつけ、高値引けで年初来高値を更新した。メルカリの売り出し価格が、仮条件の上限の1株3000円に決まった。しかし、私が申し込んでいた分は同社の主幹事証券会社である大和証券を含め3社で計800株だったのだが、すべて落選した。主幹事証券の大和証券も落選なので、かなりの人気で申込みがあったようだ。主幹事証券で申し込んで落選したのは、昨年12月に上場した佐川急便のSGホールディングス(9143)以来だな。6月19日の初値はいくらをつけるのだろうか? 日経平均は、109円高の2万2804円。

【6月12日 火曜日】日経225先物は、110円高の2万2900円、NY市場は、4日続伸で5ドル高の2万5322ドル。仮想通貨のビットコインが、2カ月ぶりの安値、今度は韓国でハッキング被害ということで、ハッカーにやられ放題だな。すかいらーくとコジマの上昇が止まらない。すかいらーくは、9円高の1697円、コジマは、16円高の553円。日経平均は、74円高の2万2878円。

【6月13日 水曜日】日経225先物は、30円安の2万2800円。NYダウは、1ドル安の2万5320ドル。立会外分売(468円)で、ゴルフ・ドゥ(3032)を松井証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券で各100株申し込んだが、すべて落選した。立会外分売は、IPOよりは当たりやすいと思うが、今回は当たらなかった。9時8分、保有株のすかいらーくを1700円で7100株売り、44万8242円の利益確定。終値は、15円安の1682円。株主優待の3倍を発表後の昨年6月に買ったもの(平均買値1637円)を売ったのだが、昨年の12月27日の権利落ち日には、株価が1596円と安くなったところで、NISA口座で買っている。こちらは優待と配当の権利を取る予定。残りは、5000株。日経平均は、88円高の2万2966円。

次ページ保有するトーセイ・リート法人の利回りは7%超
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT