忙しすぎる日本人が知らない「疲労」の4条件

スタンフォードの一流選手は回復を重視する

一般の人の安静時の脈拍は70〜80程度。もし、正確にベースラインを把握したいのであれば、安静時、手首に反対側の手の人差し指と中指を当て、15秒間、脈を計測してください。それを4倍した数が、その人の脈のベースラインです。

激しく動いてしばらく経っても脈が落ち着かなかったり、安静時でも脈拍が早かったりしたときは、疲れがたまっていると判断することができます。

スポーツ医局が定義する「疲労状態にある4条件」

目に見えない疲労を客観的につかむため、スポーツ医局では「疲れている条件」として、先の脈拍を含めて次の4つを挙げています。

① 「脈拍」がいつもと違う
② 「就寝時間」「起床時間」が定まっていない
③ 体の要「腰」が痛い
④ 胸で浅い呼吸をしている
『スタンフォード式 疲れない体』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

③と④の状態になると、体のバランスが崩れ、余計な負荷が体に生じます。ですので、この状態になれば選手の練習量は抑えつつ、反対に回復メニューの割合を増やしていくのです。

スポーツ医局ではこれらの4つの状態が選手に見られたとき、「疲労がたまっている」と判断して練習量を落とすなどの対策を徹底して取るようにしています。

それは、練習量を下げてでも回復や疲労予防を優先したほうが、最終的に発揮できるパフォーマンスは高くなり、成績にも直結することを数々の「敗北」から学んでいるからにほかなりません。

がむしゃらに頑張るだけでなく、体が休息を求めているときは勇気を出してペースを落とす姿勢が、自分レベルで100%の力を発揮するには欠かせないのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。