北朝鮮がヘソを曲げた原因はジュリアーニ?

ロシアゲートの攻防が意外なところに波及か

ジュリアーニ氏の不用意で破天荒な発言が北朝鮮を刺激したのかもしれない(写真:REUTERS/Joshua Roberts)

5月27日、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、それぞれ米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで行うことに強い意欲を示した。一時は北朝鮮側が突飛に会談を取りやめていい、とネガティブなメッセージを発し、それに激怒したトランプ大統領が会談中止の書簡を送付していたが、書簡の送付から24時間以内に関係が一気に好転した。

この連載の一覧はこちら

ここで筆者が注目しているのは、金正恩氏は5月16日の段階で、なぜ、ネガティブな発言をし、対米交渉を停滞させたか、ということだ。一部メディアには、中国の指示があったという見方もあるが、筆者は、その「真逆」ではないか、と読んでいる。

金正恩氏のネガティブ発言があった直後、中国の習近平国家主席は、北京で北朝鮮の経済使節団に向かって、シンガポール会談を実行するように、金正恩氏をたしなめたという。金正恩氏がこのまま我儘を言い続け、結果的に中国に恥をかかせるならば後ろ盾にはならない、ということを習主席は北朝鮮の経済使節団に根回したのではないか。

北朝鮮はジュリアーニ氏の口撃に過剰反応か

筆者は、金正恩氏がネガティブ発言をしたのには別の理由があると考えている。原因は、その発言の数日前に発せられたトランプ大統領の個人弁護士の一人、ルドルフ・ジュリアーニ弁護士(元ニューヨーク市長)の弁舌だ。その発言を金正恩氏が「曲解・誤解」したのではないか。

ジュリアーニ氏は、つい最近、トランプ氏の個人弁護士の一人に加わったが、2016年の大統領選直後には、司法長官のみならず国務長官の有力候補に挙がった人物である。

そのジュリアーニ氏は、「ロシアゲート」を追及しているロバート・ミュラー特別検察官が、米朝首脳会談前に、トランプ大統領に直接事情聴取の圧力をかけないように牽制した。そのようなことをすれば、外交スケジュールに圧力をかけることになり、それは米国の国益に反し、金正恩を利することになる、という趣旨のことを、米メディアを通じて明言したのだ。このことは日本では報じられていないが、金氏を刺激する言葉だった。

次ページ「おとり捜査」のプロ中のプロ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。