北朝鮮がヘソを曲げた原因はジュリアーニ?

ロシアゲートの攻防が意外なところに波及か

百歩譲って、金正恩氏のシンガポール会談へのネガティブ発言は、ミュラー氏の動きに呼応したものではなかったとしても、つまり、無関係な2つの動きが、偶然、関連しているかのように見える場合、ウォール街では、「ワルツを踊る」と表現する。

ミュラー氏の動きに、さながら歩調を合わせるかのように「ワルツを踊って」見せた金正恩氏にとって、その「アメリカ通」の部分が、思いもよらない形で自らの危機を招いたといっても過言ではない。

「段階的な核削減」は「核の横流し」につながる?

世界の法系を、英米法系と大陸法系に二分すれば、北朝鮮の法制は大陸法系に属するといえる。金正恩氏にとって、ミュラー氏の動きを合点するまでに時間がかかったのは、アメリカ法が「行為パターン」という概念を、大陸法より注視するからだ。ミュラー氏の立場が、米国外から見える以上に、国内で窮地に立っている背景をなす事情とは、トランプ大統領に対するミュラー氏の「偏見(バイアス)」の行動パターンが、強過ぎ、多過ぎることだ。

金正恩氏が気づくべきだったのは、金氏自身の対米国の言動パターンだといえる。金正恩氏は「パターン」として、米国を言葉と行動の両方で脅し過ぎた。米国では、北朝鮮による「核の横流し」という可能性も、以前よりも深刻にとらえられ始めている。

最新メディアによると、金正恩氏は2度目の南北会談で「完全非核化」の意思を、韓国の文在寅大統領に再度明言したという。金正恩氏は、今や、「段階的な核削減」でなく、「完全非核化」の会談をシンガポールでトランプ氏と行うべき段階にあることを示唆しているのだ。

また、トランプ氏が金正恩氏への公開書簡で名言したように、金正恩氏は拉致被害者全員の完全解放を実行すべきであり、その実行が問われている。金正恩氏が生まれるずっと前に、13歳の少女として拉致された横田めぐみさんをはじめとして、これまでの拉致被害のすべては、「朝鮮半島の戦争状態が今も法的に続いているか否か」という論点とはまったく関係なく、絶対に許されない行為だからである。

今回の会談が、いい方向に進み、メディアが言うように、ノーベル平和賞云々の話が出るうえでも、拉致被害者全員の解放は、実務的に強烈なプラス材料となる。そうならずに拉致を続けることになれば、イランと北朝鮮は「拉致テロ」という残酷な絆で結びつき、両国間で核やロケット技術の「横流し」があるというのが当然の論理となりかねない。

イランと決別し、早期の「完全非核化」にまい進することこそが、金正恩氏自身にとって、リビアのカダフィ大佐の二の舞を避け、金体制とともに生き残る唯一の道である。

ともかく、5月16日の金正恩氏側のシンガポール会談へのネガティブ発言で、米朝の空気は、一瞬のうちに、絶対零度のように凍り付いた。今後、金正恩氏が「段階的な核削減」という考え方に固執するのであれば、「核の横流し」の温床をつくりかねない危険な発想という見方が、トランプ政権内で高まることは間違いない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。