「睡眠不足」は超シンプルな方法で予防できる

スケジュールを睡眠最優先で組み立てよう

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「眠れないときに無理やり寝ようとする、ベッドにしがみつくのが問題です」と三島氏は強調する。

たとえば、不眠症患者の多くは、「今晩も眠れないのでは」という不安を抱えながら、ベッドに向かうと交感神経の緊張などで覚醒度が高まり、余計に眠れなくなってしまう。

現に、眠ろうと身構えないソファや電車内などではすぐに眠ってしまう患者も多いという。

そのため、認知行動療法では、これ以上起きていられないほど眠気を感じるまでは、ベッドに横たわらないように指導するという。これが睡眠不足の人への指導とまったく異なる点なのである。

睡眠時間の確保を習慣づける

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

すでに医師向けのガイドラインでは、薬物療法で効果が出にくい患者に対しては、認知行動療法を行ってみるように推奨されている。

ただし、現在、日本では認知行動療法ができる施設が少ない上に、保険適用外となっている。教育、制度共に拡充が求められる分野だと三島氏は語る。

中長期的な睡眠不足は生活習慣病リスクを上げることを心にとめ、1日を0時から数えて睡眠時間の確保を優先させる習慣をもつことからはじめよう。

三島氏が言うように、体を休める眠りと脳を休める眠りは違う。動物と違い人間だけが大脳を大きく発達させただけに、その眠り方にも人間らしい工夫が必要なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。