実践!認知症を防ぐ超シンプルな3つの習慣

脳の健康を守れば認知症リスクは下げられる

認知症の予防には「1日30分の有酸素運動」が効果的だ(写真:KAORU / PIXTA)  
世の中には、実に多種多様な「健康書」が氾濫している。しかし医者によって言っていることも大きく違い、何を信じたらいいのかわからない。「人生100年」時代、本当に信頼できて、誰でもお金を掛けずに毎日できる簡単な健康習慣とは、いったいどのようなものなのか。
4月26日、東洋経済オンラインのメルマガでもおなじみのムーギー・キム氏の渾身の著作『最強の健康法―世界レベルの名医の本音を全部まとめてみた』(SBクリエイティブ)が、『ベスト・パフォーマンス編』と『病気にならない最先端科学編』の2冊セットで刊行された。本書は日本を代表する50名に上る名医・健康専門家による直接解説を、東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏、順天堂大で教鞭をとる堀江重郎氏が二重三重にその正確性をチェックしたうえで制作されている。
東洋経済オンラインでは同書を元に、多くの名医たちが実践しているおカネの掛からない確かな健康法を短期集中で紹介していく。第1回は、認知症の仕組みから予防法までを解説する。

「昔から『認知症は大統領から農夫まで平等になる疾患』と言われてきました。しかし今は、生活習慣の改善で誰でもある程度は予防可能な病気です」

こう語るのは、東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター副センター長の瀧靖之氏だ。

人気メルマガ「グローバルメールマガジン」でも、ビジネスパーソンの健康に関する情報をお届けしています。ぜひこの機会にご購読下さい。

 

世界で最も高齢化の進む日本では2025年、日本の認知症患者・認知症予備軍の数は、合計1000万人を突破するといわれている。65歳以上の3人に1人、全国民の約10人に1人が認知症を患うという、人類の歴史でも例を見ない事態が、間近に迫っているのである。

年齢を重ねても、「体の元気」だけではなく「頭の元気」も保っていきたい、というのは万人に共通する願いではなかろうか。では、そのために具体的に何をしたらいいのだろうか。瀧氏は「運動」「コミュニケーション」「好奇心」の3つのポイントを挙げる。

「巷ではいろいろな食品や手法が流布しています。睡眠や食事、認知トレーニングなども大切とはいえますが、最も大事なのは、運動、コミュニケーション、好奇心の3つであり、その他の有効とされる方法は、あくまで、これらの土台があってこそなのです

次ページ認知症は一定の予防が可能
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行員の不安<br>みずほ1.9万人削減の「次」

メガバンクは大規模な人員削減策を次々発表。地銀は105行のうち48行が本業赤字。業界は過当競争やカネ余り、フィンテックなどの「黒船」に揺れる。不安だらけの銀行員の未来は?