大胆予測!JAL中長距離LCCはどこへ飛ぶか

JAL主導の新LCCが2020年夏に就航予定

バルセロナ拠点に中長距離路線を就航するIAG傘下のLCC・レベル(写真:IAG)

バルセロナはすでにIAG傘下の短距離LCC会社・ブエリングがハブ空港として使っている。もしもIAGが近い将来、ノルウェージャンの発着枠や既存便をIAGが手中に収めるとなると、バルセロナに欧州でも1、2を争う規模のLCCハブが生まれる。ここへ仮にJAL系新会社のLCC便が入ってきたら、欧州各国からの集客も一気に期待できる――というのが筆者の見立てだ。

さらなる価格破壊が起こる可能性

JALはすでに欧州線で、IAG傘下のBAとイベリア航空、さらにフィンランド航空を加えた3社と共同事業を実施し、相互に座席を販売しながらチケットの売り上げは関係各社で分割するという極めて緊密な提携を結んでいる。これにより利用客は、前述4社が運航する日本発着便や乗り継ぎ便をあたかも「同じ航空会社の便」のように自由に選択できるようになっている。

フルサービスのフライトで提携関係にあるIAGとJALが、LCCでも欧州―日本線でタッグを組むのは、積極的な集客を考えるうえで非常に有益なオプションとなりうることは間違いない。

中長距離LCCをめぐっては、これまで数々の会社が市場参入を狙ったものの、「就航しては倒産」という状況を繰り返してきた。マーケティングが悪いのか、運航経費が想定以上に高かったのか、それとも取るべき運賃が安すぎたのか、さまざまな複合的な要因があるのだろう。

目下、欧州―米国間を結ぶLCC路線では、近距離しか飛べないはずのナローボディ(単通路)機に工夫を凝らし、中長距離区間への就航を可能にした新たな機体が飛び始めようとしており、低コストを軸にさらなる価格破壊が起こるのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。