ハワイの空に巨大旅客機、ANAに勝算はあるか

スカイマーク争奪戦の産物がリゾート仕様に

ANAがハワイに飛ばすエアバス「A380」型機には、公募作品から選ばれたウミガメの塗装が施される。3機それぞれ色の違ったウミガメのデザインになる(写真:ANA)

2019年春、常夏の楽園・ハワイの空に巨大な“ウミガメ”が飛び始める。

全日本空輸(ANA)は4月25日、東京―ハワイ・ホノルル線に来春導入する世界最大のエアバス製旅客機「A380」3機の機体デザインと機内設備の仕様を発表した。機体塗装は公募で決定したウミガメをモチーフにしたもの。利用者の約半数を占めるカップル客のほか、ファミリー層や女性客を意識しつつ、機内の広さを生かした内容となっている。

総2階建ての巨大飛行機は、520もの座席を備える。2階部分にファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席、1階部分にエコノミークラス383席という構成だ。さらに機内5カ所には、乗客が自由に飲み物やスナックなどの軽食を取れる、冷蔵庫付きのバーカウンターを設置する。

現在ホノルル線で運航しているボーイング「787-9」型機は、ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席、合計246席の仕様であり、輸送規模は段違いだ。

ファーストはドア付き、エコノミーには「カウチ」

ANAのハワイ路線で初となるファーストクラスは、ドア付きの個室型シートを採用。ビジネスには従来から席の並びを変更し、カップルや家族が隣り合って座れるペアシートを設ける。プレミアムエコノミーはほかの路線に就航しているどの機材よりも大幅に増やした。

ANAとして初めてハワイ路線にファーストクラスを導入。真ん中の仕切りを下げることも可能(写真:ANA)

今回、A380の機内仕様やサービスを企画した直木美香子・商品戦略部スーパーバイザーは、「ハワイという場所柄、結婚式や新婚旅行、年に1度の家族旅行が目的という人が多い。せっかくだから飛行機でも少しぜいたくをしたい、という気持ちに寄り添えるような作りを目指した」と背景を説明する。

ANAが日本で初めて導入するエコノミークラスのカウチシート(写真:ANA)

最大クラスのエコノミーには、日本の航空会社で初めてとなる座席を導入する。その名も「カウチシート」だ。1階後方の6列60席分が対象で、隣接する席のレッグレストを引き上げると、3~4席分をベッドのように使うことができる。シーツやブランケットなど、専用の寝具も用意する。

次ページ「カウチ」の考案者はあのエアライン
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ホテル爆増<br>熱狂の開業ラッシュ

2017〜20年で大都市のホテル客室数は3割以上の増加。ただし、ビジネスホテルなどの宿泊特化型に偏っており、供給過剰と競争激化の懸念も。業界は持続的に成長できるのか。