JAL・ハワイアン大型連合、「打倒ANA」の勝算

2018年からコードシェアやマイル提携を開始

日本航空と米ハワイアン航空は、1980年代から客室乗務員の交流や運航委託などで関係を築いてきた(上写真:ハワイアン航空、下写真撮影:尾形文繁)

常夏の島、ハワイの空がますます熱くなりそうだ。

日本航空(JAL)と米ハワイアン航空は9月26日、包括的業務提携を結んだと発表した。2018年3月末に始まる夏季ダイヤから、日本とハワイを結ぶ路線でのコードシェア(共同運航)やマイレージ提携、ラウンジの相互利用などを実施する。JAL傘下の旅行会社ジャルパックは、ハワイアンの便を利用した旅行商品を発売する。

超大型機「A380」の猛攻に備える

「ANA(全日本空輸)がA380を導入すれば、競争環境は厳しくなる。ハワイアン航空からの提案はうれしかった」。JALの植木義晴社長は提携実現を受け、満足げに語った。

植木社長が言及したのは、ANAが2019年にハワイ路線へ3機導入する、座席数500を超えるエアバスの超大型機「A380」のことだ。供給座席数は一挙に増え、価格競争が起きるのは必至。JALは1954年に羽田―ホノルル―サンフランシスコ線を就航し、ハワイを60年以上牙城としてきたことから、対策を模索していた。

ANAに対抗するには、今以上の規模が求められる。夏の繁忙期である今年8月の座席数を基に計算すると、JAL・ハワイアン連合はシェアで46%と断トツになる。

規模のメリットを追求するため、JALとハワイアンの両社は「共同事業(ジョイントベンチャー、JV)」も検討する。単なるコードシェアやマイレージの提携を超え、ハワイ路線のダイヤや運賃を2社間で1つの会社のように調整できる仕組みだ。

次ページ「重要なのは、顧客の利便性を高めること」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。