JAL、「役員報酬もらいすぎ」と株主の不満噴出

控えめ中計に低迷する株価、役員の答えは…

JALの株主総会は役員報酬をめぐって紛糾した(撮影:尾形文繁)

「静粛にお願いします」「お席にお座りください」

6月22日、日本航空(JAL)は東京ディズニーリゾートに隣接する舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で定時株主総会を開催した。

議長を務めた植木義晴社長は途中、興奮して大声を出す複数の株主に注意を促すなど、議事はやや慌ただしく進行した。来場者数は前年比で17人減の657人、所要時間は前年より5分短い2時間16分だった。

会社が提案していた4つの議案はすべて賛成多数で可決されたが、複数の株主から不満の声が上がったものがある。役員報酬制度の改定だ。JALは今回、業績連動型の制度を導入する案を総会に上程した。

役員報酬の上限枠が拡大へ

JALの株主総会が行われた会場は、座席数が2000超。3分の1ほどしか席が埋まらなかった(記者撮影)

社内取締役の報酬はこれまで、固定給である基本報酬と賞与で構成され、合計額の上限が4.5億円だった。

それが今回、基本報酬と、社内の業績目標の達成度合いで金額が変わる業績連動型賞与と、長期的なインセンティブとしての株式報酬が組み合わされた。

社内取締役全員の合計額の上限として、基本報酬と業績連動型賞与では7億円(各3.5億円)、株式報酬では10万株が設定されている。

上限額が増えたことに対し、質問に立った株主からは「多すぎるよ」「1億円くらいで十分」「社員への還元はないのか」「多くの株主は破綻で相当な損害を受けたのに、会社の対応はまだまだ手薄。もう一度考えたらどうか」などといった声が噴出した。報酬に言及したのは12人の質問者のうち、4人に上った。

回答を担当した秘書室長の清水新一郎常務は「利益率などを目標に設定し、その達成を役員により強く動機づけるものにした。業績に責任を持つということ。上限はあくまでも上限で、一律に報酬を上げるということではない。2015年に制定されたコーポレートガバナンスコードに基づき、報酬委員会で2年間議論した結果だ」と説明した。

次ページなぜ報酬体系を変えたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT