脂肪だけ落とす!正しいプチ「断食」のコツ

筋肉を落とさないファスティングとは?

断食中も代謝が落ちないファスティングとは?(写真:Syda Productions/PIXTA)
短期間で体重を落とすことで人気のファスティング。酵素ドリンクを食事に置き換える手軽さもあって人気だ。
しかし、一般的に行われているファスティング法は、血糖値の乱高下を招き、リバウンドする可能性があるーー。そう語るのは、薬剤師の坂田武士さん。 坂田さんが考える“筋肉を落とさず脂肪だけを落とす、最善のファスティング”法とは?
当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

「一般的な方法でファスティングをすると、脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまうというのが大きな問題点です。健康的にやせるには筋肉は落としてはいけません。

私が考案したファスティング法では、断食期にプロテイン、豆乳、甘酒をミックスしたドリンクを飲みます。筋肉を作るうえで欠かせないたんぱく質を積極的にとりながら、糖質や脂質は適量に抑えることで、血糖値の上昇と下降を緩やかにして食欲を安定させます。そのため、おなかが空きにくく、イライラしないので、リバウンドの心配もありません。

普段、食べ過ぎていて消化にエネルギーを使い過ぎていると、代謝酵素の働きが落ち、脂肪をためこみやすい体になります。でもファスティングをしてフル活動していた消化管を休めると、代謝酵素の働きが高まって、エネルギー消費が活発になってやせやすい体になります。

また、代謝に欠かせないビタミン・ミネラルや、脂肪の燃焼を促すL-カルニチンなどをサプリメントで補うため、さらに体脂肪が燃えやすい状態になるのです」(坂田先生)

無理なくファスティングができる

では、具体的な方法とは?

「4日間行う場合、まず1日目は“準備期”で、朝と昼は通常の食事(和食)をとり、夕食のみ断食用のドリンクに置き換えます。そして2日目、3日目が“断食期”で、ドリンクのみで過ごします。最終日の4日目は通常の食事に緩やかに戻していく“回復期”で、朝食は野菜と果物、昼食はおかゆを食べ、夕食はドリンクだけにします。

このように、固形物をとらずにドリンクのみになるのは2日間だけなので無理なく行えます。より効果を出したい人は、1週間で行うのがおすすめで、その場合、最初の2日間が準備期、3日目から5日目が断食期、あとの2日間が回復期にして行います。このファスティング法なら、筋肉を落とさず脂肪だけを落とせます」(坂田さん)

次ページファスティングドリンクのメリットと作り方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT