実は人名、16代目「川柳」が"吐く"人間の本質

「すこしつかれてあたたかい色になる」

初代・柄井川柳の姿が刻まれた「川柳発祥の地」記念碑(台東区蔵前)。近くの龍宝寺には初代の墓所と、辞世の句「木枯や跡で芽を吹け川柳」の句碑がある(撮影:木村聡)

川柳ブームが続いている。累計応募数100万句突破の「サラリーマン川柳」や、「シルバー川柳」「女子会川柳」「ブラック企業川柳」、twitterで火がついた「オタク川柳」など、社会の多様化に合わせテーマも人気も広がりをみせる。

ところでこの「川柳」、そもそも人名であることをご存じだろうか。しかも、その名(号)は江戸時代より代々受け継がれている。折しも先日、新たに継承した「川柳」氏の襲名披露があった。市井の人々が育んだ文芸を背負う、宗家「16代目」に会いに行った。

束の間の晴れ間にゆれるランヂェリー

都内、区民施設の会議室に10人ほどが車座になっている。女性が多めで、年齢層はやや高め。ただ、アラフォーから90歳代までと幅広い。週末の午前。始まったのは、川柳愛好家が集まって自作を披露する「句会」である。

《生玉子うまくは割れぬ人の道》

これは、74歳の男性が吐いた句(俳句は“詠む”で、川柳は“吐く”なのだそうだ)。選者で指導する講師は「生きざまが言語化されている。いい作家になったねえ」と評して、秀句のひとつに加えた。1人10句の中から選ばれた作品は単なるダジャレ、言葉遊びだけではない、なんとも味わいある言葉が並ぶ。一般公募川柳で見掛ける“あるあるネタ”で笑いを誘うものとはどこか趣向が異なる感じだ。

「この先生は今までとぜんぜん違うの。楽しくて難しい。日々いつのまにか句のことを考えたりして、川柳は生活の窓口です」

93歳の女性が話す。見出しの“ランヂェリー”の句は彼女の作だ。5・7・5の同じ17音でも、川柳は俳句と違って季語などに縛られない自由な雰囲気がある。「難しい」と言いつつも、川柳句会ではうなって一句ひねり出す様子はない。参加者は世相や人間模様をイキイキ吐き合う。

次ページ川柳の申し子みたいな先生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT