家庭用シチュー、活性化の意外な「隠し味」

そのカギを握っていたのは「夫」だった

「シチューが登場するのは金曜日が多い。東日本大震災後の“外飲み”自粛で、金曜日に自宅で食事をとる夫が増えた結果、従来の『子ども向け』の味付けでは、夫から不満が出てしまう――。それなら『夫も満足するメニュー』に高めようと思いました」

“シチューかけごはん”はアリか!?

特にクリームシチューのメニューの幅は狭い。パッケージ写真のように、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、肉が中心で、さらにブロッコリーやカリフラワーが入る程度だ。

ハウス食品では2000年ごろから「野菜摂取ができる」としてシチューの強みを訴求してきたが、別の訴求も求められた。たとえば食卓の登場頻度が高い(ヘビーユーザー)消費者ほど、シチューのとろみを強く仕上げ、主菜として考えるケースが多い。一方、登場頻度が低い(ライトユーザー)消費者ほど、とろみを弱くして副菜や汁物として考えるという。

こうした諸条件を踏まえて、新商品を開発し、市場の活性化を目指した。それが2017年8月に発売した「シチューオンライス」だ。パン食に合わせるのではなく、ごはんにかけるシチューとして、濃厚なうまみと、しっかりしたとろみをつけたという。

筆者もスーパーで「シチューオンライス」(ビーフストロガノフ風ソース)を買い、作ってみた。購入価格は248円(+税)で、同社の看板商品「北海道シチュー」(ルウタイプ)よりも1グラム当たりの単価は少し高い。パッケージ裏の「作り方」のとおり、牛肉、玉ねぎ、ぶなしめじを炒め、牛乳を加えて作り、ごはんにかけた。味については人それぞれだが、個人的には好きな味だった。

ちなみに3年前、「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系。当時の番組名)で、「シチューをご飯にかけて食べるかどうか」が取り上げられた。番組MCの2人は「かけない派」だったが、その後に別のメディアが行ったネット調査「『シチューをごはんにかける』あなたは許せる?」では、「許せる」が8割を超えたという(2015年6月~7月「Jタウン研究所」調べ)。

ハウス食品のアンケート結果では「ごはんとわける58%:ごはんにかける42%」だった(画像:ハウス食品)
次ページハヤシライスのように
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。