家庭用シチュー、活性化の意外な「隠し味」

そのカギを握っていたのは「夫」だった

「昨夏に発売した『シチューオンライス』は、比較的若い主婦層に支持されており、ホットメニューであるシチューより、ライスメニューであるハヤシライスに近い利用のされ方です。『年間目標10億円』は達成見込みで、売り方次第では、年間20億円の可能性がある商品だと考えています」(田村氏)

「季節商品」からの脱皮も課題

前述の消費者意識も含め、同社には追い風となる結果だが、課題も残る。これから暑くなる時季にどう訴求するかだ。田村氏が触れた「ハヤシライス」も参考になるだろう。

実は「家庭用ハヤシライス」市場は、シチューよりも少なく約60億円だという。冒頭で紹介したカレーライスが、ルウ市場、レトルト市場を合わせて1000億円を超えるのに比べて2ケタ低い。それでもハヤシライスは「通年商品」であり、カレーライスは「夏カレー」としての需要も高い。秋冬型商品のシチューが、今後、春夏需要を取り込めるのか。

また、「飲食の好み」でいえば、消費者は保守的・新しもの好きの両面があるが、何かのきっかけで「戻る」こともある。たとえば、今や“昭和型喫茶店”の代名詞となった「ナポリタンスパゲティ」だ――。創業半世紀を超える人気カフェを取材すると、「1990年代初めの“イタメシ”ブームの時は、『古くさい』と思われて、1日2~3食しか出なかったが、昭和レトロ人気で復活して、今では週末には200食出る」という話が聞けた。

マーケティングの現場では「成熟市場でも、できることがある」とも言われる。消費者に新たな気づきを与えるのも、企業や担当者の腕の見せどころだ。

シチューオンライスのパッケージと出来上がり写真(写真提供:ハウス食品)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT