マックが早朝から「濃厚グラコロ」を売るワケ

既存店売上高は11月まで24カ月連続でプラス

12月13日から販売される期間限定商品「超グラコロ」(左)と「熟グラコロ ビーフシチュー」(右)。朝マックの時間帯から食べることができるようになった(記者撮影)

今年の冬の定番商品は“一味”違うようだ――。日本マクドナルドは12月13日から約1カ月間、期間限定商品「超グラコロ」と「熟グラコロ ビーフシチュー」を販売する。

グラコロはグラタンコロッケを挟んだバーガーで、1993年の初登場以来、マクドナルドの冬の風物詩として定着した商品。超グラコロは、グラコロが2016年に23年ぶりにリニューアルされたことを「超」の文字で表現したもので、昨年に引き続いての投入となる。価格は340円(税込み、以下同)という設定だ。

期間限定商品の終日販売は初の試み

12月7日に開かれた商品発表会にはタレントの高田純次さんも登場した(記者撮影)

一方の熟グラコロは超グラコロにビーフシチューを加えた今回初登場となる商品だ。こちらの価格は超グラコロより50円高い390円。ビーフシチューソースには赤ワインや北海道バターを隠し味として使用した。

今回の2種類のグラコロの販売に際して、マクドナルドはこれまでにない取り組みを実施する。従来、期間限定商品は「朝マック」終了後の午前10時30分以降から販売を開始してきたが、今回のグラコロは朝から販売し、終日食べることができるようにした。

直近の期間限定商品である「デラックスバーベキュー」シリーズのハンバーガーは、朝マックの時間帯に「デラックスバーベキュー マフィン」など派生商品を投入した。だが今回は、期間限定商品の終日販売に踏み切る。

次ページなぜ朝からグラコロを?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT