マックが早朝から「濃厚グラコロ」を売るワケ

既存店売上高は11月まで24カ月連続でプラス

12月13日から販売される期間限定商品「超グラコロ」(左)と「熟グラコロ ビーフシチュー」(右)。朝マックの時間帯から食べることができるようになった(記者撮影)

今年の冬の定番商品は“一味”違うようだ――。日本マクドナルドは12月13日から約1カ月間、期間限定商品「超グラコロ」と「熟グラコロ ビーフシチュー」を販売する。

グラコロはグラタンコロッケを挟んだバーガーで、1993年の初登場以来、マクドナルドの冬の風物詩として定着した商品。超グラコロは、グラコロが2016年に23年ぶりにリニューアルされたことを「超」の文字で表現したもので、昨年に引き続いての投入となる。価格は340円(税込み、以下同)という設定だ。

期間限定商品の終日販売は初の試み

12月7日に開かれた商品発表会にはタレントの高田純次さんも登場した(記者撮影)

一方の熟グラコロは超グラコロにビーフシチューを加えた今回初登場となる商品だ。こちらの価格は超グラコロより50円高い390円。ビーフシチューソースには赤ワインや北海道バターを隠し味として使用した。

今回の2種類のグラコロの販売に際して、マクドナルドはこれまでにない取り組みを実施する。従来、期間限定商品は「朝マック」終了後の午前10時30分以降から販売を開始してきたが、今回のグラコロは朝から販売し、終日食べることができるようにした。

直近の期間限定商品である「デラックスバーベキュー」シリーズのハンバーガーは、朝マックの時間帯に「デラックスバーベキュー マフィン」など派生商品を投入した。だが今回は、期間限定商品の終日販売に踏み切る。

次ページなぜ朝からグラコロを?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。