家庭用シチュー、活性化の意外な「隠し味」

そのカギを握っていたのは「夫」だった

家庭用シチューの最新事情を探る(写真:IYO / PIXTA)

自宅で作る家庭料理で、カレーほど定番ではないが少し特別感のあるメニューといえば「シチュー」だ。

家庭で「ビーフシチュー」が少ない理由

シチューの家庭用ルウの市場規模は年間約160億円とされている。そのうちシェア7割を持つ首位のハウス食品によれば、その内訳はクリームシチューが約125億円と圧倒的に大きく、残り35億円の大半がビーフシチュー、そしてコーンやチーズなどの風味という。

「クリーム味とビーフ味でここまで差が大きいのは、クリームシチューが家庭料理として親しまれていることに加え、ビーフシチューは外食で食べられる一面もあると思います」

ハウス食品でシチューを担当する田村紘嗣氏(事業戦略本部食品事業二部ビジネスユニットマネージャー)はこう説明する。

家庭の夕食のおかずの“事実上の1位”はカレーライスだ。データで見た「おかず」順位は、1位が野菜サラダ、2位を野菜炒めとカレーライスが競っていた(2017年4~9月。「ライフスケープマーケティング」調べ)。野菜サラダにはサイドメニューのイメージが強く、野菜と何かを炒めれば野菜炒めになるが、料理の固有名詞とは言いがたいからだ。

家庭料理のメニューは、時に「外食」メニューとトレードオフの関係になる。たとえば、カレーと並ぶ国民食の「ラーメン」は、前述の調査では18位だった。外食店も多いラーメンは、家庭の夕食では登場順位が低いのだ。ビーフシチューにもその一面がある。しかもクリームシチューよりも、もう少し「ハレの食卓」感があるのだろう。

筆者は「カフェ」を中心に日本の生活文化も考察している。その視点でいえば、家庭用シチュー市場の開拓はハウス食品が果たしてきたことは間違いない。半世紀以上前の1966年に「クリームシチューミクス」「ビーフシチューミクス」を発売。これは、同社のロングセラー「バーモントカレー」(1963年発売)と「ジャワカレー」(1968年発売)に挟まれた時期だ。

次ページ日本人の生活の洋風化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT