家庭用シチュー、活性化の意外な「隠し味」

そのカギを握っていたのは「夫」だった

家庭用シチューの最新事情を探る(写真:IYO / PIXTA)

自宅で作る家庭料理で、カレーほど定番ではないが少し特別感のあるメニューといえば「シチュー」だ。

家庭で「ビーフシチュー」が少ない理由

シチューの家庭用ルウの市場規模は年間約160億円とされている。そのうちシェア7割を持つ首位のハウス食品によれば、その内訳はクリームシチューが約125億円と圧倒的に大きく、残り35億円の大半がビーフシチュー、そしてコーンやチーズなどの風味という。

「クリーム味とビーフ味でここまで差が大きいのは、クリームシチューが家庭料理として親しまれていることに加え、ビーフシチューは外食で食べられる一面もあると思います」

ハウス食品でシチューを担当する田村紘嗣氏(事業戦略本部食品事業二部ビジネスユニットマネージャー)はこう説明する。

家庭の夕食のおかずの“事実上の1位”はカレーライスだ。データで見た「おかず」順位は、1位が野菜サラダ、2位を野菜炒めとカレーライスが競っていた(2017年4~9月。「ライフスケープマーケティング」調べ)。野菜サラダにはサイドメニューのイメージが強く、野菜と何かを炒めれば野菜炒めになるが、料理の固有名詞とは言いがたいからだ。

家庭料理のメニューは、時に「外食」メニューとトレードオフの関係になる。たとえば、カレーと並ぶ国民食の「ラーメン」は、前述の調査では18位だった。外食店も多いラーメンは、家庭の夕食では登場順位が低いのだ。ビーフシチューにもその一面がある。しかもクリームシチューよりも、もう少し「ハレの食卓」感があるのだろう。

筆者は「カフェ」を中心に日本の生活文化も考察している。その視点でいえば、家庭用シチュー市場の開拓はハウス食品が果たしてきたことは間違いない。半世紀以上前の1966年に「クリームシチューミクス」「ビーフシチューミクス」を発売。これは、同社のロングセラー「バーモントカレー」(1963年発売)と「ジャワカレー」(1968年発売)に挟まれた時期だ。

次ページ日本人の生活の洋風化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。