クールビズがパッとしない男の残念な服装

スラックスを替えるだけで印象は随分変わる

いずれの素材であったとしても、季節柄、涼しげに見える色遣いがクールビズの最適解であることは変わりません。ダークスーツのスラックスから明るいグレーのスラックスに替えるだけで印象はガラッと変わります。このとき、シャツを主役にする着こなしが求められるのです。

ロンドンストライプやギンガムチェックといった、コントラストが強い柄物シャツを合わせることで、ノージャケット姿であっても地味に見えません。とはいえ、これらの柄物シャツはIT業界ではたらくビジネスマンのイメージが強く、職場として許容されないケースもあることでしょう。

その場合、スラックスを主役にしたビジネスファッションも効果的! いつもの白シャツを着るだけでノージャケット姿も洗練した印象に格上げしてくれます。つまり、ノージャケットのビジネスファッション最適解とは、シャツもしくはパンツ、いずれかのチョイスを華やかにすることだったのです。

パンツが主役のビジネスファッション

たとえば、グレースラックスであっても、青みが強いタイプを見掛けることがありませんか? 青みが強いグレースラックスは、みずみずしい印象に見えるからこそいつもの白シャツで合わせられます。まさにパンツが主役のビジネスファッションです。

今年もクールビズが始まったとは言っても、しばらくノージャケットで過ごすほど暑い日が続くわけではありません。だからこそ、ジャケパン、ノージャケットどちらで合わせても洗練して見えるスラックスとして、青みが強いグレースラックスを私はお薦めしています。

ジャケパンの王道はネイビージャケット、グレースラックスの配色です。青みがあるグレースラックスにネイビージャケットを合わせたとき、上下配色がブルーの同系なので馴染みやすいのです。また、ノージャケットの白シャツ姿であっても、スラックスのみずみずしさから涼し気に見えるので重宝します。

他にも、主役級のスラックスとして、鮮やかなブルーが混ざったライトネイビーと呼ばれる紺色、千鳥格子と呼ばれるチェック柄のグレースラックスも白シャツのアクセントになりえます。

次ページノージャケットだからこそベルトの見直し
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。