クールビズがパッとしない男の残念な服装

スラックスを替えるだけで印象は随分変わる

そして、ノージャケットだからこそ、ベルトの見直しが欠かせません。普段ジャケットを羽織っているため、男性はベルトに対する意識が希薄かもしれません。ベルトのバージョンアップを後回しにした結果、何年も同じベルトを締めているビジネスマンを見掛けることがあります。

ノージャケットだからこそベルトは丸見えですし、革がよれているベルトは清潔感の天敵です。清潔感を重視するならば、ベルトの寿命は革がよれたときであって、ちぎれたときではありません。

昨今、ノージャケット姿にメリハリをつけるため、ベルトのバリエーションが増えてきました。これまでカジュアルで使われていたような編み込みタイプもツープライススーツ量販店でよく見掛けます。もちろん好みは分かれますが、ザックリした質感がクールビズのアクセントになるのです。

そして、選び方のコツはベルトの幅にあります。編み込みタイプを選ぶならば、幅3.5センチ未満を選択しましょう。幅3.5センチ以上の編み込みベルトはカジュアルな印象に見えるリスクが高いからです。

カジュアル以上スーツ未満の落としどころ

ビジネスファッションといっても、スタイルごとに留意点は異なります。型が決まっているスーツの場合、ネクタイを締めることで成立しますが、ノージャケットのときネクタイを締めるわけにもいきません。つまり、ジャケットの有無でビジネスファッションの最適解が変わるということ。

ノージャケットのときは、いつもより少しだけ華やかなアイテムを選択してみてはいかがでしょうか? 柄物のシャツ・明るいスラックス、普段は選ばない柄・色のアイテムを一部取り入れることで、全身にメリハリが生まれます。これにより、ノージャケット姿であっても手抜きには見えません。

ドレスコードが緩やかな業界であれば、白のチノパンをアクセントとしてお薦めします。このとき、靴は革靴ではなくスエード靴を選びましょう! パンツの素材によって合わせる靴の質感は変わります。このようなアイテム同士の相性を「着合わせ」といいます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。