スーツ以外の装いが苦手な人に教えたい作法

アクセントを少し付ければ印象も変わる

「スーツにネクタイ」はかつてのビジネスシーンで鉄板でしたが、変わってきています(筆者撮影)

「スーツにネクタイ」が定番だったビジネスパーソンのファッションが変わってきています。都市部のオフィス街では、上下の生地や色がそろったスーツではなく、違う生地や色のジャケットとパンツ(スラックス)を組み合わせる「ジャケパン」スタイルのビジネスマンを見掛けることが近年、増えました。「クールビズ」の夏場に限らず、ノーネクタイスタイルもすっかり市民権を得ています。

かつてのビジネスシーンには、「スーツ=相手に対する敬意」という絶対的認知がありました。ところが、その概念も変わってきています。近年ビジネスファッションの多様化が進んでいる理由は「単にカジュアルな格好をすること」に限りません。実は「顧客に装いを合わせる」というトレンドもあるのです。

約1年前の話となりますが、2017年6月にアメリカのJPモルガン・チェース銀行が、「ジーンズも含めカジュアルなドレスコードを許容した」という話題で騒がれました。新たな金融分野としてシリコンバレーのIT企業と組むうえで、「先方の現場を視察した上層部が社内のドレスコードを見直した」という逸話があります。

ドレスコード改訂の流れはアメリカだけではなく日本にも及んでいます。伊藤忠商事もJPモルガン・チェース銀行とほぼ同時期に「脱スーツ・デー」を打ち出しました。社員・取引先からも好評で、当初は金曜だけでしたが、水曜も脱スーツにすると2018年5月に発表しました。

もはや、「スーツにネクタイを絞めていれば、ビジネスファッションは十分!」という考え方そのものが古くなってきているのではないでしょうか。

服も名刺の一部に含まれるワケ

現在、東京都内でWebデザイナーを務めるフリーランスの白石彰彦さん(仮名)は、かつてスーツにネクタイが仕事着の基本でした。もともと大手企業でITエンジニアをしていた経験から、割と「カタめ」。白石さんは、その格好で異業種交流会に顔を出していました。取引先を増やすのが目的です。

ところが、異業種交流会で名刺交換を繰り返しても、仕事の商談につながる機会はそうありません。そもそも交流会という性質上、人が多く覚えてもらえないため、その後の打ち合わせにもつながりませんでした。

次ページビジネススキルの一部として服を扱う人の共通点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT