安全問題浮上のUSJ、9年連続値上げの通信簿 決算公告で読む、コムキャスト買収後の状況

拡大
縮小

2012年に子供向けエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」をオープン、2014年のハリー・ポッターエリアの開業で客数は過去最高を記録。2015年には沖縄進出構想とともに、再上場の計画を公表するなど話題になった。

だが、2017年5月にはユー・エス・ジェイの51%の株を保有していた親会社の米コムキャストが残りの株式をゴールドマン・サックスらから総額2548億円で買収し完全子会社化。再上場の話は立ち消えになった。

現在のユー・エス・ジェイのバランスシートを見ると、総資産は7613億円と、売上高で倍以上もあるオリエンタルランドに匹敵する規模に膨らんだ。そのうち固定資産が6987億円、固定負債が4384億円に膨張していることから、株主が変遷する中で巨額の負債と自己のれんを抱えたものとみられる。

USJが抱える抱える課題

コムキャストは、傘下のNBCユニバーサルが運営するロサンゼルスやフロリダ、ライセンス展開するシンガポール、そして建設中の北京を含め、ユニバーサル・スタジオの世界展開を進めていく方針を掲げている。

だが、冒頭のザ・フライング・ダイナソーはでは過去にも不具合が起きており、安全に向けた投資が最優先であることは言うまでもない。

米国資本の完全傘下に入ったユー・エス・ジェイは、新アトラクションやイベントへの積極投資を続けながら、安全対策を万全にした上での顧客の体験価値を向上させることができるのか。今後の持続的な成長のポイントとなりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT