安全問題浮上のUSJ、9年連続値上げの通信簿

決算公告で読む、コムキャスト買収後の状況

停止したUSJのジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」から救出される乗客=5月1日午後6時41分、大阪市此花区(写真:共同通信)

大阪にある「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)で5月1日に走行中のジェットコースター2両が緊急停止し、乗客64人が空中で逆さまの状態で最長約2時間も取り残される事故が発生した。人気テーマパークで起きたゴールデンウィーク真っ最中のトラブルは大きな注目を集めた。

そのUSJを運営する会社、ユー・エス・ジェイは2010年以降、9年連続で入場券の値上げを実施するなど、強気戦略を取っているが、業績は堅調に推移していたことがわかった。

専門紙に掲載されたユー・エス・ジェイの決算公告(編集部撮影)

ユー・エス・ジェイが4月2日、ひっそりと専門紙に掲載した決算公告によれば、2017年4~12月期(9カ月変則決算)は売上高1413億円、営業利益256億円、経常利益211億円、当期純利益70億円だった。

前年の決算公告によると、2017年3月期(12カ月決算)は売上高1658億円、営業利益238億円、経常利益148億円、当期純損失7.6億円。今回発表した2017年12月末までの営業利益は、9カ月間の段階で前年の通期実績を上回っていることになる。

テーマパークは冬期の1~3月が閑散期に当たり、他のシーズンに比べて収益は悪化する。だが、それを考慮しても、9カ月で前年の実績を上回るなど、ユー・エス・ジェイの業績は堅調に推移していると言えそうだ。

大型アトラクションの導入が寄与

背景にあるのは、季節のイベントや新規アトラクションの積極的な投入による集客増だ。アトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」がオープンから2カ月間で乗客100万人を突破するなど、昨年4月に新設されたミニオン・パークエリアが好評。USJへの来場のきっかけになると同時に、クッキーといったお菓子類やTシャツなど関連グッズの売り上げ増にもつながっているという。

次ページ値上げの効果と業績は連動している
人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。