トロントで自動車が暴走、死亡者15人の惨事

開催中のG7外相会合と関連?

事件は、多くの会社員が昼食をとってる時間に起こった(写真:REUTERS/Carlo Allegri)

4月23日、カナダ・トロントで白の引越し用ワゴン車を運転していた男が、歩道を突っ込み、歩行者を次々とはねた。警察によると、男は約1マイル(1.6㎞)にわたって暴走、昼食時だったこともあって、これにより10人が死亡、15人が負傷した。

カナダ放送協会(CBC)は、この事件の容疑者をアレック・ミナッシン(25)だと報じているが、情報源は明らかにしていない。政府筋の情報として、男はいかなる武装集団の一員でもないとしている。

意図的な犯行かは不明

警察当局も男が暴走した動機については明らかにしていない。男は現在拘束されているが、警察は「意図的な犯行」という言い方は控えている。

(写真:REUTERS/Carlo Allegri)

しかし、複数の報道によると、少なくとも目撃者の1人は、運転していた男が、意図的に歩行者を狙っていたと話しているようだ。トロント警察のピーター・ユアン副部長は、被害者の数を報道陣に伝えた後、「これは非常に長い捜査になる」と話した。

ラフル・グーデール公安担当相は記者会見で、「現在のところ、これ以上何の情報も確定できないという捜査段階にある。警察は当然、動機も含めて何が起きたか、なぜ起きたのか、について全力を挙げて捜査している」と話した。。

ロイターは現場で、少なくとも2体のシートをかけられた遺体を確認している。サニーブロック・ヘルス・サービスセンターによると、少なくとも5人が依然重体だという。

CBCが放送した、現場近くにいた人が撮影した映像では、容疑者の男は警察が拘束しようとすると、「殺せ」と叫びながら、特定できない物体を警察に向けていた。さらにこの映像の後半では、同一人物だと思われる男が、地面にうつ伏せとなり、手錠をはめられていた。

引っ越し会社であるライダーのスポークスウーマン、クラウディア・パンフィルは、同社のワゴン車が使われていたことを確認した上で、同社は警察当局に全面協力していると語った。

次ページ犠牲者の多くは高齢者との目撃情報も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。