トロントで自動車が暴走、死亡者15人の惨事

開催中のG7外相会合と関連?

事件は、多くの会社員が昼食をとってる時間に起こった(写真:REUTERS/Carlo Allegri)

4月23日、カナダ・トロントで白の引越し用ワゴン車を運転していた男が、歩道を突っ込み、歩行者を次々とはねた。警察によると、男は約1マイル(1.6㎞)にわたって暴走、昼食時だったこともあって、これにより10人が死亡、15人が負傷した。

カナダ放送協会(CBC)は、この事件の容疑者をアレック・ミナッシン(25)だと報じているが、情報源は明らかにしていない。政府筋の情報として、男はいかなる武装集団の一員でもないとしている。

意図的な犯行かは不明

警察当局も男が暴走した動機については明らかにしていない。男は現在拘束されているが、警察は「意図的な犯行」という言い方は控えている。

(写真:REUTERS/Carlo Allegri)

しかし、複数の報道によると、少なくとも目撃者の1人は、運転していた男が、意図的に歩行者を狙っていたと話しているようだ。トロント警察のピーター・ユアン副部長は、被害者の数を報道陣に伝えた後、「これは非常に長い捜査になる」と話した。

ラフル・グーデール公安担当相は記者会見で、「現在のところ、これ以上何の情報も確定できないという捜査段階にある。警察は当然、動機も含めて何が起きたか、なぜ起きたのか、について全力を挙げて捜査している」と話した。。

ロイターは現場で、少なくとも2体のシートをかけられた遺体を確認している。サニーブロック・ヘルス・サービスセンターによると、少なくとも5人が依然重体だという。

CBCが放送した、現場近くにいた人が撮影した映像では、容疑者の男は警察が拘束しようとすると、「殺せ」と叫びながら、特定できない物体を警察に向けていた。さらにこの映像の後半では、同一人物だと思われる男が、地面にうつ伏せとなり、手錠をはめられていた。

引っ越し会社であるライダーのスポークスウーマン、クラウディア・パンフィルは、同社のワゴン車が使われていたことを確認した上で、同社は警察当局に全面協力していると語った。

次ページ犠牲者の多くは高齢者との目撃情報も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT