米国人が離婚しなくなったのは「愛」が理由か

離婚率が過去40年間で最低水準に

マディソン夫婦が結婚生活を続けることを決めた理由も、離婚にかかる費用や2人の共有財産、2人の子どもの存在だったという。10代の頃に出会った2人は、10年の交際を経て結婚。ところが、2年前に離婚危機が訪れた。

「断続的な不幸に私たちは見舞われた」と妻のジェシーさんは振り返る。重い病気の子どもを抱える彼らの両親の1人が亡くなり、もう1人が認知症と診断されたのだ。こうした出来事が起こる前から、夫婦の絆は弱くなっており、度重なる困難を2人で乗り越えるのは難しいように思えた。

夫婦の25%は将来的な離婚を考えている

夫妻は離婚を考え始めたが、その過程で、離婚にかかる費用を見積もった結果、楽観的に離婚できるような額ではなかったという。

離婚後の経済面にも懸念がある。2人の子どもを持つワーキングマザー、シャンテル・スタントンさん(結婚歴15年)は、結婚生活を続ける理由の1つを「離婚して2世帯をやりくりしなければならないのは、高くつくから」と話す。彼女の趣味は旅行だが、離婚した場合、今のように旅行に行くことは難しくなると考えている。

とはいえ、一度は離婚を考えたことがあるという彼女にとって重要なのは、「子どものために安定した家庭を保つこと」だった。驚くことではないが、これはほとんどの人が結婚生活を続ける最大の理由である。

ハフィントン・ポストの調査によると、夫婦4組に1組は子どものために一緒に暮らしているだけで、彼らが成長したら離婚を計画しているといい、子どもを持つ既婚者2000人のうち、18%は婚姻関係を終わらせる具体的な日程があるという。

実際、家族と結婚に関する研究センターの調査によると、結婚20年目の離婚率は、10年目の離婚率より高くなっている。つまり、一部の人はすべての子どもたちが家から巣立つのを待って、不幸な結婚生活に幕を下ろしているのである。

スタントンさんはまた、最近米国で続発している高校などでの銃の乱射事件を挙げ、「犯人たちは皆、父親が子育てにかかわっていなかった」ことを懸念している。「いい父親像」がなかったため、子どもの精神的な安定が保てなかった、と考えているのだ。

次ページ「従来の結婚」とは違う形を模索する人も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT