ヒトラーが描いた元恋人の肖像画が競売に

日本の画廊で展示された記録も

 4月5日、ナチスの独裁者ヒトラーが描いたとされる元恋人の肖像画が来週競売にかけられる。ドイツの競売会社が明らかにしたもので、提示価格は6万ユーロ(約780万円)。写真は2014年11月撮影のヒトラーの絵の署名(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 5日 ロイター] - ナチスの独裁者ヒトラーが描いたとされる元恋人の肖像画が来週競売にかけられる。ドイツの競売会社が5日明らかにしたもので、提示価格は6万ユーロ(約780万円)。

この油彩画は63x48センチの大きさ。「A.ヒトラー、1916」と署名されており、2007年に死去したヒトラー研究者Werner Maser氏によると、第1次大戦中に軍人としてフランスに派遣されていた際に知り合ったフランス人女性、シャーロット・ロブジョワさんを描いている。

1967年前後にフランドルの実業家が購入。日本の画廊で展示された記録があるという。

ヒトラーは、権力を得る前の時期に当たる1920年代、生活のために画を描いていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。