ヒトラーが描いた元恋人の肖像画が競売に

日本の画廊で展示された記録も

 4月5日、ナチスの独裁者ヒトラーが描いたとされる元恋人の肖像画が来週競売にかけられる。ドイツの競売会社が明らかにしたもので、提示価格は6万ユーロ(約780万円)。写真は2014年11月撮影のヒトラーの絵の署名(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 5日 ロイター] - ナチスの独裁者ヒトラーが描いたとされる元恋人の肖像画が来週競売にかけられる。ドイツの競売会社が5日明らかにしたもので、提示価格は6万ユーロ(約780万円)。

この油彩画は63x48センチの大きさ。「A.ヒトラー、1916」と署名されており、2007年に死去したヒトラー研究者Werner Maser氏によると、第1次大戦中に軍人としてフランスに派遣されていた際に知り合ったフランス人女性、シャーロット・ロブジョワさんを描いている。

1967年前後にフランドルの実業家が購入。日本の画廊で展示された記録があるという。

ヒトラーは、権力を得る前の時期に当たる1920年代、生活のために画を描いていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT