日産、ノートe-POWER好調に潜む喜べない事情

売れている背景には消極的な要因も

ちなみに海外で売られる「マイクラ」や2代目「ティーダ」は、全幅がワイドな3ナンバー車だが、全長は比較的短い。販売戦略次第では日本でも売れる見込みがあるが、今の日産は国内に対して冷やかだから導入されない。

今の状況を招いた根本的な理由は、日産にとって日本が従属的な市場になったことだ。日産の世界販売台数に占める国内比率は、三菱自動車が製造する軽自動車を含めても10%にとどまる。小型/普通車に限れば7%まで落ち込む。日産が海外中心のメーカーになり、国内市場の商品力が全般的に下がったから、先進的でコンパクトなノートe-POWERが登場すると過剰ともいえる注目を集めたわけだ。

ほかの車種の売れ行きがノート以上に落ち込んでいる

(4)他メーカー車の売れ行きが低迷

2018年に入ると、ノートは小型/普通車の登録台数ナンバーワンになったが、対前年比は1月が約12%、2月も7%ほど減った。ノートにe-POWERが加わったのは2016年11月だから、1年前には既に発売されており、2018年は減少に転じている。

それなのに小型/普通車の1位になれた理由は、ほかの車種の売れ行きがノート以上に落ち込んだからだ。2位のトヨタ「プリウス」は2015年12月に発売され、2016年は暦年で対前年比が約2倍の195%に達したが、2017年は65%まで下がった。

現行プリウスはフロントマスクやリヤビューの形状が奇抜で、ユーザーによって好みが分かれる。しかもプリウスの発売から約1年を経過した2016年12月に、同じトヨタからプリウスと共通のプラットフォームやハイブリッドシステムを使うSUVの「C-HR」が発売された。C-HRの外観も個性的だが、趣味性の強いカテゴリーのSUVだから、見栄えはプリウスよりも馴染みやすい。価格はC-HRが少し高いが、売れ行きは堅調で、プリウスはユーザーを奪われて登録台数を下げた。

3位は同じトヨタの「アクア」で、コンパクトなハイブリッド専用車だ。ノートe-POWERのライバルだが、発売が2011年12月だから設計が古い。

以上のように、行き場を失った日産車ユーザーの乗り換え需要がノートe-POWERに集中する一方で、ライバルの売れ行きは下がり、ノートを小型/普通車の販売1位に押し上げた。

日産は、ノートe-POWERの好調な販売に胸を張れる状況にない。2年半にわたって新型車を投入しないなど、国内市場を軽く扱いながら、日産から離れずにノートe-POWERを購入してくれたユーザーに感謝したほうがいいぐらいだ。ユーザーをつなぎ留めた販売会社の尽力も極めて大きい。

ティーダやマイクラは先に述べたように3ナンバー車になったが、魅力のあるクルマであれば、国内でも相応に売れ行きを伸ばせる。得意のプロモーションは、ハイブリッドを電気自動車に置き換えることではなく、ティーダやマイクラのカッコ良さ、運転の楽しさなどの表現で発揮すべきだ。海外で売られる日産車を、ユーザーと販売会社の目線で厳選して、国内市場へ積極的に投入して欲しい。

日産は日本の自動車メーカーだから、国内のユーザーや販売会社をもっと信頼すべきだ。「なぜe-POWERが売れたのか」を冷静に考えれば、これから進むべき方向もおのずと見えてくると思う。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT