「虫好き変態姫」が貫いたうらやましい生き様 異色「虫めづる姫」は非常識の塊だ!

印刷
A
A

蝶をかわいがる姫君の隣に住む按察使の大納言の娘。彼女は虫が大好きで、特に毛虫がたまらなく好き、と出だしからしてとんでもない。

「自然体、ありのままの自分のほうがいいじゃん」

この姫君ののたまふこと、「人々の、花、蝶やとめづるこそ、はかなくあやしけれ。人は、まことあり、本地たづねたるこそ、心ばへをかしけれ。」とて、よろづの虫の、恐ろしげなるを取り集めて、「これが、ならむさまを見む」とて、さまざまなる籠箱どもに入れさせたまふ。〔……〕「人はすべて、つくろふところあるはわろし。」とて、眉さらに抜きたまはず、歯黒めさらに「うるさし、汚し。」とて、つけたまはず、いと白らかに笑みつつ、この虫どもを、朝夕に愛したまふ。
人々おぢわびて逃ぐれば、その御方は、いとあやしくなむののしりける。
かくおづる人をば、「けしからず、ばうぞくなり。」とて、いと眉黒にてなむ睨みたまひけるに、いとど心地惑ひける。
【イザ流圧倒的意訳】
姫君が「みんなが花とか蝶とかかわいいと思って騒ぐじゃない? それって本当にわからない。馬鹿みたいよ。人間は誠実が一番」と言い、いろいろな種類の、見るだけで気持ちが悪くなるような虫たちを集めて、「これがどのように成長するのかな……楽しみだわ」と言いながらさまざまなかごに入れていた。
〔……〕「自然体、ありのままの自分のほうがいいじゃん」と言って、まゆを抜かず、お歯黒ときたら「あー面倒くさい……汚くてやってられないわ」とまで言い出して、一向につけようとせず、真っ白な歯を光らせて、朝から晩まで虫と遊ぶ。周りの人はそのありさまを見て当然怖くて逃げだそうとするが、姫君が大きな声で「信じられない! あなたたちおかしい!」と怒鳴りつけて、ぼうぼうのまゆでにらみつけるので一層怖い。

日本文学初の不思議ちゃんが登場。形にとらわれず物事の本質を追究するというのは仏教の教えに基づいている考え方であり、姫君が唱えている論理は一見理にかなっているように聞こえるが、きれいなものだけ求めるのは浅はかだとしても、虫に固執するというのもそれ以上におかしいし、周りに対する反応も尋常ではない。よく言えば個性的、悪く言えば変人。

うわさになるのではないかと恐れて親も説得しようとするが、姫君は頑なに自分の理屈をぶつけて、一切動じない。こんなことになって最も迷惑するのは、不思議ちゃんの姫君に仕えている侍女たちだ。蝶をかわいがる優雅な姫君だったらよかったが、気持ち悪い虫と遊ぶ変な人を相手にするのはつらい。

次ページ姫が姫なら、侍女も侍女…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT