タワークレーンはどうやって屋上に上がるか

意外と知らない、身近にある「すごい技術」

ゴミ収集車には、パッカー車以外にもいくつかの方式(プレスローダー方式など)があり、大きさの違いもあるが、この多様性には理由がある。1つは、集めるゴミ・集める地域に適した方式と大きさが要求されるという、至極当然の理由だ。

ゴミ処理施設の建設費が高騰している

『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もう1つ隠れた理由がある。ゴミ処理施設の建設費が高騰しているのだ。処理施設、特に焼却施設は公害対策のため高度な技術が要求される。また、エコ社会の実現に向け、燃やした廃熱で発電する施設を併設するのも時代の流れだ。当然、建設コストは膨大となり、小さな自治体が建設するのは財政的にも困難。そこで、いくつかの自治体がまとまって1つの処理施設を作り、利用するというネットワーク方式が一般的になりつつある。

ネットワークに対応するには、多様なゴミ収集車が必要になる。家庭からのゴミは小型収集車で中継施設に集め、そこでさらに圧縮して大型収集車で処理施設に運ぶ。このようにして、効率的なゴミの移動と処理を可能にしているのだ。

ネットワーク化されるゴミ収集(イラスト:小林哲也)

この記事では、私たちが日々の外出時になにげなく目にしている“すごい技術”を簡単に解説したが、「身近なのにそもそもよく知らない」ことは、あなたの身のまわりにも実はたくさんある。ちょっとだけ目を留めてみるだけで、日常がもっと楽しく、より刺激的なものになるかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT