タワークレーンはどうやって屋上に上がるか

意外と知らない、身近にある「すごい技術」

タワークレーンの一連の工事の流れは、①組み立て②クライミング③解体という順で行なわれる。①の「組み立て」は、足場を固める作業。次の②では、ビルの成長に合わせ、クレーンを尺取虫のようにはい上がらせていく。③の「解体」では、親亀・子亀・孫亀方式で屋上から分解していく。すなわち、ひと回り小さい子クレーンを元の親クレーンの隣に設置し、それで親クレーンを解体する。

次に、その子クレーンはさらに小さい孫クレーンを隣に設置して解体。これらを繰り返すことで、用済みのクレーンは地上に下ろされるのだ。そして、最後に残った解体用クレーンは人力で解体し、エレベーターで階下に下ろされる。

「マストクライミング」と「フロアクライミング」

尺取虫的にタワークレーンがクライミングする方法には、クレーン本体がマスト(本体を支える柱。帆船の「マスト」に見立てている)を昇る「マストクライミング」と、工事の進捗と共に工事中の鉄骨を使って土台部分を階上に上げる「フロアクライミング」がある。

前者は超高層マンション建築、後者は超高層ビル建築によく利用される。なお、電線の鉄塔を立てる際にもクレーンのクライミングが用いられる。山奥に鉄塔が立っている謎も、これで解消するはずだ。

タワークレーンの解体(イラスト:小林哲也)
次ページ意外と知らない、ビルの耐震・制震・免震構造の違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT